フォロワー数は二の次!? 3年ぶりのKCONで見た、いま韓国企業が求めているモノ【K-POPゆりこの沼る韓国】

M世代の韓国エンタメウォッチャー・K-POPゆりこと、K-POPファンのZ世代編集者が韓国のアイドル事情や気になったトピックについてゆるっと本音で語る【K-POPゆりこの沼る韓国エンタメトーク】。#3は3年ぶりにリアルで開催された「KCON 2022 JAPAN」をテーマにお届けします。

M世代の韓国エンタメウォッチャー・K-POPゆりこと、K-POPファンのZ世代編集者が韓国のアイドル事情や気になったニュースについて、ゆるっと本音で語る【K-POPゆりこの沼る韓国エンタメトーク】。韓国エンタメ初心者からベテランまで、これを読めば韓国エンタメに“沼る”こと間違いなし!

#3のテーマは3年ぶりにリアルで開催された「KCON 2022 JAPAN」。会場のブースを周りながら見えてきた、韓国企業の戦略とK-POPファンの持つ“力”とは?
 
【前回の記事(#2)はこちら
 

3年ぶりの開催に涙! 韓国カルチャーのお祭り「KCON JAPAN」がカムバック

10月16日に参加した「KCON 2022 JAPAN」の様子。写真は筆者撮影
10月16日に参加した「KCON 2022 JAPAN」の様子。写真は全て筆者撮影


K-POPゆりこ(以下 ゆりこ):最近、ようやくコロナ禍以前の状態が戻ってきたなと実感することがありました。3年ぶりに「KCON 2022 JAPAN」に行ってきまして。2020、2021年はオンライン開催だったので、ようやく戻ってきたか! とうれしかったですね。
 
編集担当・矢野(以下、矢野):イベントも“カムバ”したと(笑)。「KCON」って韓国から人気アイドルがたくさん来日する、K-POPフェスですよね。前にTWICEが来たときがあったのですが、ちょうど仕事と重なって諦めたツラい記憶が……。           
 
ゆりこ:そのTWICEが来た2019年以来ですよ、リアル開催は。2022年5月にプレイベントがあったものの、本格的な開催は久しぶりです。おっしゃる通り、旬のK-POPアイドルが何組も来日するので、音楽フェスのような雰囲気もあります。加えてコスメやファッション、旅行情報、フードまであらゆるブースが出ていてライブ以外の時間も楽しめる。まさに「Kカルチャーファンのためのお祭り」という感じです。
 
矢野:最近、TOMORROW X TOGETHERにハマっているので、いろんなサイトのライブレポを読みながら「行けばよかった〜!」って思いました。人生2度目の後悔です。2023年は行きます!         
 


ゆりこ:いや、もうトゥバ(TOMORROW X TOGETHER)は最高でしたよ。今回の目的の1つでもありました。あとマイブームのNewJeansは絶対に見ておきたいと思っていて。でも、ライブの模様に関しては他の記者さんやファンの皆さんの熱いレポートを読んでもろて(いきなり丸投げ!)。今回はあえてライブ”外”のお話をしたいなと。いろいろ気付いたことがあったんですよ。
 
矢野:お、ちょっと意外な方向へ。絶対にNewJeansの話になるかと思ってたんですが。ライブの外って、つまり先ほどおっしゃっていたブース周りのことですか?          
           
ゆりこ:はい。そこで韓国企業がK-POPファンに求めていること、重要視してることがハッキリ現れていて興味深かったんですよ。
 

>次ページ:フォロワー数は二の次!? いま韓国企業が求めるものとは……

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」