好きな日高屋の「おつまみ」メニューランキング! 新商品「おつまみネギチャーシュー」を抑えた1位は?

熱烈中華食堂「日高屋」の好きな「おつまみ」メニューランキング! おいしさとコスパの良さで人気の中華料理チェーン店、日高屋のメニューの中でも、特に人気を集めた「おつまみ」メニューを回答者のコメントとともに紹介します。

All About編集部では、全国10〜80代の男女248人を対象に、中華料理チェーン店、熱烈中華食堂「日高屋」に関するアンケート調査を実施しました(調査期間:2022年9月29日〜10月20日)。今回はその中から、好きな日高屋の「おつまみ」メニューランキングを発表します。

>14位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:枝豆

画像出典:日高屋

第3位は「枝豆(税込200円)」でした。おつまみの定番・枝豆は、手頃なサイズで“ちょい飲み”のお供にもってこい。気軽に注文できるリーズナブルな価格も人気です。

回答者からは、「おつまみといえば餃子か枝豆だから(29歳女性/宮城県)」「油の多い中華料理の箸休めとしてとてもいい(27歳女性/北海道)」「ビールとよく合うので(36歳女性/埼玉県)」など、おつまみの定番として枝豆は必須という声もありました。

さらに、「ちょっとつまむぐらいの感覚では丁度いい量だから(38歳男性/神奈川県)」「塩味が効いているから(29歳未回答/大阪府)」など、量が程よく、塩味が効いておいしいという声もありました。
 

第2位:おつまみネギチャーシュー

画像出典:日高屋

第2位は、「おつまみネギチャーシュー(税込330円)」でした。8月に加わった新メニューが、早くも人気メニューの仲間入り。たっぷりの白髪ネギと短冊切りのチャーシューに、ごま油の風味を効かせたおつまみメニュー。お酒もごはんも進む1品です。

回答者からは、「お酒と最高に合います。オススメです(33歳男性/千葉県)」「こってりしたチャーシューとネギのシャキシャキ感が、ビールとよく合うからです(34歳女性/東京都)」「さっぱりとしていて、箸休めに最適です(32歳女性/東京都)」など、さっぱりとしたおつまみでお酒とよく合うというコメントが集まりました。

ほかにも、「これと白いご飯だけでも十分なくらい美味しい(43歳女性/東京都)」「汁なしらーめんと一緒に食べるとおいしいから(25歳女性/神奈川県)」「とてもさっぱりしており食欲がなくてもあっさりと頂けるスタミナ料理でもあるし、夏場はビールやご飯が進むメニューだと思う(48歳男性/奈良県)」など、ごはんや麺とも相性がいいという声もありました。
 

第1位:餃子

画像出典:日高屋
第1位は、「餃子(6個/税込250円)」でした。国産のニラとキャベツを使用し、もちもちの皮でたっぷりの野菜と肉汁を包んだ、定番人気メニュー。同調査の「日高屋の好きな定食ランキング」でも、餃子をたっぷり堪能できる「W餃子定食」が1位を獲得しており、餃子の人気っぷりがうかがえます。

回答者からは、「日高屋の餃子は肉汁がいっぱいでビールと組み合わせると最強です(55歳男性/埼玉県)」「ビール、レモンサワーと餃子が一番合う組み合わせだと思っているから(27歳男性/神奈川県)」「ビールに餃子があれば他には何もいらない多幸セット完成(47歳女性/東京都)」など、好きなお酒と餃子があれば満足という声がありました。

また、「肉と野菜のバランスが上手に取れた餡の旨味と、パリッと焼けた皮の風味のブレンドが素晴らしいから(58歳男性/神奈川県)」「日高屋で餃子は外せません。250円は魅力です(63歳男性/京都府)」「冷凍餃子をテイクアウトするほど日高屋さんの餃子が好きだから(37歳女性/埼玉県)」など、日高屋の餃子ファンからのコメントが集まりました。


>14位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
好きな日高屋の「定食」メニューランキング! 2位は「ニラレバ炒め定食」、では1位は?
好きな日高屋の「ラーメン」メニューランキング! 2位「野菜たっぷりタンメン」を抑えた1位は?
好きな日高屋の「単品」メニューランキング! 3位「天津飯」、2位「唐揚げ」を抑えた1位は?
おいしいけど正直「高い」と感じる「餃子の王将」のメニューランキング! 第1位に選ばれたのは?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化