ワークマンの「コーデュロイシャツ」はクレイジーパターンがおしゃれ! 気になる着心地は?

ワークマンの秋冬ものとして、コーデュロイのシャツがあります。メンズアイテムですが、女性でも使えるデザインやサイズ感。秋冬らしい色合いなので、これからの季節にぴったりです。着心地や気になるポイントをレビューしていきましょう。

ワークマンの「コーデュロイシャツ」(画像は全て筆者撮影)

ワークマンの秋冬ものの中に、コーデュロイシャツがあります。メンズアイテムですが、女性でも使えるサイズ感。また秋冬らしい色合いなので、これからの季節にぴったりです。今回は「コーデュロイシャツ」をレビューしていきましょう。

 

選んだ色は「クレイジーB」。配色が秋らしい

秋らしい色合いの「クレイジーB」を購入

筆者が購入した「コーデュロイシャツ」の色は、「クレイジーB」です。公式カタログには「クレイジーC」とあるのですが、タグには「クレイジーB」とありました。写真のように複数の色が使われているので、着るのに抵抗を感じてしまう人もいるかもしれませんね。

 

背中の配色

いつも単色の洋服を着ているならば、余計に抵抗を感じるかもしれません。でも実際に着てみると、思っているほどの派手さはなく、むしろかわいらしい印象になります。時にはこのような配色の洋服も良いのではないでしょうか。

 

「コーデュロイシャツ」の気になる着心地。ポイントは3つ

■ポイント1:ゆったりシルエット
身長160cmの女性。​​​​​​Mサイズでゆったり着られる

もともとメンズアイテムということもありますが、女性が着るとゆったりとしたシルエットになることが多そうです。サイズ展開がM、L、LL、3Lとあり、身長160cmの筆者はMサイズを使っています。羽織りものとして使うこともできそうですが、筆者はスカートにインをして着ることが多いです。


ポイント2:首元は苦しくない

コーデュロイシャツには、襟付きのボタンダウンとスタンドカラーがある

「コーデュロイシャツ」には、襟が付いているボタンダウンタイプとスタンドカラータイプがあります。筆者はスタンドカラータイプのMサイズを買いました。

 

スタンドカラーでも、首元は苦しくない

一番上のボタンを留めて着ていますが、首元の苦しさはありません(個人差はあります)。逆に首元がすっきりとするので、少しカチッとした印象になるかもしれません。

 

ポイント3:裏地はないので、インナーで調整

裏地は付いていない

「コーデュロイシャツ」はあくまでシャツとして使うので、裏地は付いていません。フリースやボア、裏アルミプリントがあると暖かさも増すのですが、裏地がないためにちょっと寒いと感じることもあります。「コーデュロイシャツ」がゆったりサイズなので、筆者は上に何かを羽織るよりもインナーで調整するようにしています。

 

これはマイナスポイント。一番上のボタンが留めにくい

一番上のボタンが留めにくい

着るときの注意点としては、一番上のボタンが留めにくいことが挙げられます。生地が厚手で硬くなっているので、ボタンがボタン穴にうまく入らないのです。思わぬ苦戦ポイントに、着替えの時にちょっと時間がかかってしまいました。何度も洗濯を繰り返すと生地が柔らかくなってくるのかもしれません。
 

ワークマンの「コーデュロイシャツ」は1500円(税込)です。カラーはクレイジーパターンが配色違いで2種類、単色ではチャコール、ダスキーグリーン、グレージュがあります。持っている洋服との合わせやすさを考えつつ、色を選んでみてくださいね。
 

【おすすめ記事】
ワークマンの新素材「FUWATECHカーディガン」が超優秀! 女性にもメンズモデルをおすすめしたい理由とは
軽い! 暖かい! ワークマンの「ボアフリースカーディガン」はデスクワークからお出かけまで大活躍でコスパも◎
#ワークマン女子の「コーデュロイスカート」は買いアイテム! アウトドアにも普段使いにも大活躍のワケ
ワークマンで発見! ふんわり着心地「ワッフルクルーネック」おすすめポイント6つ
ワークマンの定番「ダイヤフリース」にフーディが登場! 大人気カーデガンと両方持ちもおすすめ

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた