神奈川県民が選ぶ、「住み続けたい街」ランキング! 2位「鎌倉市」、1位は?

大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 住み続けたい街ランキング2022<神奈川県版>」を発表しました。神奈川県に住む20歳以上の男女、2020~2022年合計4万5513人を対象に調査を行った結果、「住み続けたい街(自治体)ランキング」1位に選ばれたのは?

大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 住み続けたい街ランキング2022<神奈川県版>」を発表しました。

2020~2022年、神奈川県に住む20歳以上の男女合計4万5513人を対象に調査を行った結果、「住み続けたい街(自治体)ランキング」1位は2年連続で「三浦郡葉山町(はやままち)」、2位は「鎌倉市」、3位は「横浜市西区」が選ばれました。

鎌倉市「由比ガ浜海岸」

 

3位:「横浜市西区」

「横浜市西区」は、横浜市18区の中で面積が最も小さく、人口も少ない区です。区内には、開港以来の歴史と下町情緒を残した市街地と、横浜駅周辺地区やみなとみらい21地区などの都心部が共存。都心部には、商業・業務エリアが集まるほか、国際会議や大規模イベントも開催されています。
 
居住者コメントを見ると「歩道が広く、きれいに整備されている。新しいお店や楽しい施設がたくさんある。海が近くお散歩が楽しい」という声が上がっています。

 

2位:「鎌倉市」

「鎌倉市」は、多くの神社仏閣などの歴史遺産や海・山などの豊かな自然に恵まれたエリア。市内各所に数々のハイキングコースがあります。また、国道134号沿いには海水浴客でにぎわう由比ガ浜海岸、サーファーに人気の稲村ヶ崎や七里ヶ浜なども。都心へのアクセスが良く、通勤や通学にも便利な街として移住者にも人気です。
 
居住者からは「海や山などの自然が多い。観光名所が多く、日本でも人気な街。街の名前自体がブランドになっており、羨ましがられることが多い」との回答理由が聞かれました。

 

1位:「三浦郡葉山町」

「三浦郡葉山町」は、三浦半島の入口に位置しています。海と山という自然に恵まれた街で、閑静なリゾート地としても有名。西向きの海岸はヨットが風を受けて沖に出やすく、日本近代ヨット発祥の地としても知られています。2021年に開催された東京五輪では、イギリスのセーリングチームのホストタウンを務めました。
 
居住者の回答理由には「高齢者が安心して住める」、「都心に近く、自然もあり、地元の食材も豊か」などが挙げられました。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
神奈川県の住みここち(自治体)ランキング! 3位「横浜市西区」、2位「三浦郡葉山町」、1位は?
神奈川県の「住みここち(駅)」ランキング! 3位「センター北駅」、2位「元町・中華街駅」、1位は?
神奈川県民が選ぶ「住みたい街(駅)」ランキング! 3位「海老名駅」、2位「武蔵小杉駅」、1位は?
首都圏の「街の幸福度」ランキング! 2位「神奈川県三浦郡葉山町」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応