「JERA クライマックス セ」開幕を前に3強監督&選手が意気込み語る! 初戦からエース激突

10月8日からの「2022 JERA クライマックスシリーズ セ」開幕を前に出場する3チームの監督と選手が登壇し、前日に記者会見が行われました。それぞれチームのキーマンを挙げ、意気込みを語りました。10月8日に対戦する横浜DeNAベイスターズと阪神タイガースの先発投手の予告も。

プロ野球日本一を目指し「JERA クライマックス セ」開幕!

「2022 JERAクライマックスシリーズ セ」ファーストステージの舞台となる横浜スタジアム
「2022 JERA クライマックスシリーズ セ」ファーストステージの舞台となる横浜スタジアム

10月8日に開幕する「2022 JERA クライマックスシリーズ セ」の前日、出場する3チームの監督と選手が登壇し、共同記者会見が行われました。それぞれチームのキーマンを挙げ、意気込みを語りました(画像はすべて提供)。
 

観客が熱狂するような試合展開を期待

記者会見には、2連覇を果たした1位の東京ヤクルトスワローズ・高津臣吾監督と小川泰弘選手、2位の横浜DeNAベイスターズ・三浦大輔監督と佐野恵太選手、3位の阪神タイガース・矢野燿大監督と近本光司選手が登壇。
 

2022 JERA クライマックスシリーズ セ

「JERA クライマックス セ」のファーストステージでは2位横浜DeNAと3位阪神が対戦し、先に2勝したチームがファイナルステージで1位ヤクルトと対戦。日本シリーズへの切符を手にします。
 

はじめに、セントラル・リーグ公式戦のタイトルパートナーであり、クライマックスシリーズの冠協賛・JERA 小野田聡社長が「いよいよ、JERA クライマックス  セがはじまります。世界を変えるエネルギーが充填している状況ではないでしょうか。持てるすべての力を発揮し、ハラハラドキドキする試合、観客が熱狂するような試合展開を期待します」と、エールをおくりました。
 

阪神・近本「下剋上からの日本一」

阪神・矢野監督は「うまくいかない苦しいシーズンだった」と振り返り、「最後、粘りに粘り出場できたJERA クライマックス  セ。熱い思いを持って挑戦できることをうれしく思います。ベイスターズはどこからでもホームランが飛び出し、つながっていく、嫌なイメージがあります。接戦に持ち込み、おもしろくしたい」と力を込めました。
 

近本選手は「ベイスターズには、横浜スタジアムでよく打たれたな、抑えられたな、という印象。チーム全体で勝っていきたい。3位からの下剋上ですが、日本一を目指します」と、勝利を誓いました。

 

DeNA・佐野「2位からの反撃見せたい」

昨シーズン最下位からのスタートだった横浜DeNA・三浦監督は「『横浜反撃』のスローガンのもと、チーム一丸となって戦ってまいりました。横浜スタジアムでは17連勝というアツイ戦いを繰り広げました。JERA クライマックス セでは、もっともっと熱い戦いをお見せします」と、熱戦を宣言
 

佐野選手は「2位で終わったシーズンですが、まだ反撃のチャンスが残されています。阪神は先発もリリーフもレベルが高いですが、ベイスターズ打線は全員で1点でも多く取りにいく。勢いのあるプレーをお見せします」と、続けました。

 

ヤクルト・小川「もう一度、熱い戦いを神宮で」

2年連続のリーグ優勝を果たし、10月12日からのファイナルステージに臨むヤクルト・高津監督は「今は、選手たちに心身を整えてもらい、12日からのファイナルステージを100%の力で戦えるように準備します。グラウンドでエネルギーを排出し、日本一を目指します」と迎え撃つ気満々。
 

小川選手は「ベイスターズもタイガースもクリーンナップが怖い。1、2、3番を抑えたいし、打線を分断できるようにしたい。チームスローガン“熱燕(ねつえん)”を胸に、もう一度、熱い戦いを神宮でできることに感謝し、チーム一丸となってがんばります」と、引き締まった表情になりました。

 

初戦から両エースがぶつかり合う!

チームのキーマンについて、各チームの監督が次の選手を挙げました。
 

「足を使えるとチームいうことで中野。そして近本につながるのが相手にとって嫌な展開だと思う」(矢野監督)

「佐野はやってくれると思うので、キーマンとなるのは1番桑原。どれだけ出塁するか、そして勢いをつけてくれるかがポイントになる」(三浦監督)

「シリーズ後半で苦しいロースコアの試合を抑えてくれた小川。攻撃では勝敗を大きく左右する村上」(高津監督)
 

合わせて、10月8日のファーストステージ第1戦の予告先発投手も発表。横浜DeNAは今永選手、阪神は青柳選手と、両エースが初戦からぶつかり合うことに。「チームを背負って先発陣をひっぱってくれた今永に託します」(三浦監督)「青柳でいきます。思いっきり躍動し強気で向かってくれるピッチングを僕自身も楽しみにしています」(矢野監督)と、それぞれコメントしました。
 

「JERA クライマックス セ」ファーストステージ第1戦は10月8日、横浜スタジアムで14:00開始(予定)。ホームのアドバンテージを力に変えたい横浜DeNAと、初戦に勝利し勢いをつけたい阪神、両チームの熱い戦いに期待します。
 

JERA セ・リーグ協賛特設サイトでは、MVP選手サイン入りレプリカユニフォームが当たるプレゼントキャンペーンを実施していますので、チェックしてください。
 

URL:https://www.jera.co.jp/cleague/

 

【おすすめ記事】

HiHi Jets高橋優斗が横浜スタジアムでセレモニアルピッチ! 「絶対に横浜優勝!」背番号は「8181」
横浜スタジアムの楽しみは野球観戦だけじゃない! 充実の球場グルメを味わおう
絵馬に願いを記して応援! ありあけ「横浜DeNAベイスターズ ムーンガレット☆希望の星」販売中
横浜スタジアムでの感動を再び! 東京五輪記念品の展示がスタート

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」