ワークマンで「モカシンシューズ」を発見! 気になる履き心地は? ファーのヘタリ具合もチェック!

ワークマンで、昨年までは見かけなかった「モカシンシューズ」を発見! 内側がふわふわしていて暖かいのが特徴のモカシンシューズですが、ワークマンのものはどうでしょうか。実際に履いて試してみました。

ワークマンの「モカシンシューズ」(画像は全て筆者撮影)

ワークマンの店内に秋冬ものがたくさん並んでいます。昨年まで見なかったものもあって、その1つが「モカシンシューズ」です。内側がふかふかしていて暖かいのが特徴ですが、ワークマンのモカシンシューズはどうでしょうか。早速レビューしていきます。

 

今まで見たことない!? ワークマンの「モカシンシューズ」とは?

ワークマンの「モカシンシューズ」を手掛けるのは株式会社スター・トレーディング

ワークマンで「モカシンシューズ」を見つけたのは9月上旬でした。「これは今まで見たことがないな」と思いましたね。タグを見ると手掛けているのは株式会社スター・トレーディングという会社です。ワークマンの「PVC防水シューズ」もこの会社が作っていますから、おなじみの会社と言ってもよいかもしれません。

 

ワークマンの「モカシンシューズ」の材質

まずは材質を確認していきます。タグには甲材が合成繊維、底材は合成底と記載があります。

 

半分に折れるくらい柔らかい

写真のように半分に折れるほど外側と底部分は柔らかいです。

 

内側がふわふわしている(未使用の状態)

新品の状態では内側がかなりふわふわしています。

 

素足で履いてみた

ワークマンの「モカシンシューズ」を素足で履いてみる

■だんだん蒸れてしまう
筆者はモカシンシューズを素足で履くのが好きです。あのふかふかを直接感じたいからですね。そんなこともあって、早速素足で履いてみました。
 

足を入れた瞬間にフワッとした感触があります。そして、暖かさもありました。でも足汗が出てきてしまい、だんだんとモカシンシューズの中が蒸れている状態に。通気性はあまり良いとは言えないので、この蒸れが苦手ならばやはりソックスを履いた方が良いかもしれません。
 

■靴ずれはしない
約1kmを歩いてみたのですが、靴ずれはしませんでした。内側にクッションとなるファーがあるので、靴の硬い部分に足が当たらないのです。つま先の方も特に当たることはなく、足の痛みに関しては心配なさそうです。ただし足の形には個人差があるので、もし痛みを感じるようならば履かないようにしてください。

 

ファーは少なめかもしれない

モカシンシューズを履いて歩いている途中で、底部分の硬さが足裏に伝わってくるようになりました。ファーがぎゅっと詰まった状態の場合、かなりクッション性があるので硬さは感じないのですが、ワークマンのモカシンシューズはそうではないのかもしれません。でも、すぐにファーがへたってしまうことはなさそうです。
 
5回使用した後のファーの状態

写真は5回使ったモカシンシューズです。まだふかふかとした感触は残っています。

 

リボンが固定されているのはありがたい

リボンが固定されているから、左右のずれが気にならない

筆者がワークマンのモカシンシューズについて使いやすいと思ったポイントの1つは、リボンが固定されていることです。結んであるだけでは、歩いている途中でほどけてしまったり、左右のバランスが悪くなったりしてしまうことがあったのです。リボンを気にせずに使えるのは、思いのほか使いやすさにつながります。
 

ワークマンで買える「モカシンシューズ」は1900円(税込)です。普段23cmの靴を履いている筆者が購入したのはLサイズで、素足で履くと若干緩さがあります。でも冬場には厚手の靴下をはくのでサイズも合ってきそう。これからの季節に活躍しそうな予感です。
 

【おすすめ記事】
ワークマン「DFBスリッポン」のぬくぬく感がたまらない! W発熱シートで足元あったか
SNSでも話題! ワークマンの「防水サファリシューズ」は雨や雪に備えて持っておきたい1足
ワークマンの「タウンサンダル」はルームシューズにもおすすめ! その理由とは?
ワークマンの「裏フリースダウン風スリッポン」は室内でも大活躍!
ワークマンの厚底スニーカー「アスレシューズ ハイバウンス」で走ってみた。独自開発、高反発ソールの実力は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」