「鳩サブレー」の豊島屋が鎌倉・小町通りに新店舗「瀬戸小路」をオープン! 焼き立てワッフル販売【実食レポ】

鎌倉土産・鳩サブレーでおなじみの豊島屋(としまや)が鎌倉・小町通りに新店舗「瀬戸小路(せとこうじ)」を9月30日にオープン。鳩サブレーに並ぶロングセラースイーツのワッフルを焼き立てで販売します。2階にはフォトスポット&イートスペースも。

鎌倉・小町通りに焼き立て「わっふる」新登場

鎌倉・小町通りに焼き立てワッフルの「瀬戸小路」オープン
鎌倉・小町通りに焼き立て「わっふる」を販売する「瀬戸小路」がオープン

鎌倉土産・鳩サブレーでおなじみの豊島屋(としまや)が鎌倉・小町通りに新店舗「瀬戸小路(せとこうじ)」を9月30日にオープン。鳩サブレーに並ぶロングセラースイーツのワッフルを焼き立てで販売します。どんなお店なのか、さっそく行ってみました(画像は筆者撮影、一部提供)
 

ワッフルは戦前からあるロングセラー商品

若宮大路にある豊島屋本店
若宮大路にある豊島屋 本店

鎌倉土産の代名詞「鳩サブレー」を販売している豊島屋。明治創業の歴史ある和菓子店であることをご存じでしょうか。若宮大路にある本店では、鳩サブレーはもちろん、月替わりの上生菓子やまんじゅう、大福など限られた店舗でしか販売していない菓子を扱っています。ワッフルもその1つ。

戦前から販売しているワッフル(税込220円)
戦前から販売しているワッフル(税込220円)

ふんわりと食べ応えのあるワッフル生地にサンドされているのは、あんずジャム。素朴な味わいのワッフルとしっかり甘いあんずジャムの組み合わせがどこか懐かしい味わいです。なんと戦前から販売されており、鳩サブレーに並ぶロングセラー商品だそう。個別包装で2~3日ほど日もちするので鎌倉ならではの手土産にも最適です。

 

焼きたて「わっふる」を実演販売

小町通りにオープンした「瀬戸小路」。1階は販売、2階はフォト&イートインスペース
小町通りにオープンした「瀬戸小路」。1階は販売、2階はフォトスポット&イートスペース

9月30日にオープンした「瀬戸小路」は、鎌倉駅から徒歩約6分、小町通りの中ほどに位置します。ここではロングセラー商品のワッフルを焼き立てで「わっふる」というネーミングで販売。店頭で次々と焼き上がる「わっふる」の生地には「KAMAKURA  WAFFLE TOSHIMAYA」と入っています。

店頭で次々と焼き上がるワッフル生地
店頭で次々と焼き上がる「わっふる」生地

「わっふる」のメニューは次の通り(価格はすべて税込)。

あんずジャム 250円
小豆あん 250円
生クリーム 250円
クリームチーズ 280円
カスタードクリーム 280円
チョコクリーム 280円
キャラメルクリーム 280円
栗クリーム 380円

トッピングも選べます。

生クリーム+50円
甘納豆 +50円
はちみつジュレ +50円
鳩サブレーバター +100円
栗(きざみ) +120円


おすすめの「あんずジャム(250円)」と「小豆あん+バター(350円)」をオーダーしました。レジでお会計をすませ、できあがるのを待ちます。商品を受け取り、入口横の階段をあがって2階へ。

 

2階は鳩サブレーをモチーフとしたフォトスポットに

2階はフォトスポット&イートインスペース

2階へ上がると、鳩サブレーの紙袋と同じ黄色い壁面が印象的なフォトスポット&イートスペースとなっています。

スマホスタンド完備

鳩サブレー型の鏡やスマホスタンドも完備されており、自撮りにも対応。鎌倉観光の記念になること、間違いなし。

 

焼き立て「わっふる」は全種類制覇したいおいしさ!

小豆あん+バター(税込350円)
小豆あん+バター(税込350円)

焼き立て「わっふる」は、ほんのり温かく、生地はしっとり、ふんわりしています。パクリとほおばると中の具材が飛び出しそうなので注意が必要です。
 

「小豆あん+バター(350円)」は、間違いない組み合わせ。ほどよい甘さのあんこに鳩サブレーにも使われているバターがたっぷりと。

奥が焼き立て「わっふる」、手前が個別包装のワッフル
奥が焼き立て「わっふる」、手前が個別包装のワッフル

「あんずジャム(250円)」はしっかりとした甘さのジャムがサンドされています。今回はトッピングしませんでしたが、生クリームとの相性もよさそう。
 

さすが、和菓子も洋菓子も手がける豊島屋。このほかのメニューも食べてみたいです。生クリームをベースに甘納豆や栗(きざみ)などのトッピングを楽しむのも◎。

 

鳩サブレーを1枚から購入可

1階では鳩サブレーを1枚から販売
1階では鳩サブレーを1枚から販売

ちなみに「瀬戸小路」という店名ですが、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演中の「トキューサ」こと瀬戸康史(せと こうじ)さんにちなんで……ではなく、小町通りはかつて瀬戸小路と呼ばれていた古道だったことが由来となっています。
 

1階では「わっふる」のほかに、鳩サブレーを1枚から販売するほか、和菓子の1個売りや同店のみの季節の干菓子なども並んでいます。個別包装のワッフルも1つから販売していますので、焼き立てと食べ比べてみては。

 

豊島屋 瀬戸小路 情報

場所:神奈川県鎌倉市小町2-7-26
営業時間:10:00~17:00
定休日:なし
アクセス:鎌倉駅から徒歩6分
URL:https://www.hato.co.jp/

 

【おすすめ記事】

『鎌倉殿の13人』大河ドラマ館が鎌倉にオープン! 鎌倉幕府のジオラマや“武衛”になれるフォトスポットも
鎌倉紅谷「クルミッ子」のリスくんが鎌倉時代にタイムスリップ!? 2022年限定デザイン発売
かまくらカスターのあの味がプリンに!? 新たな鎌倉土産「かまくらカスタープリン」とは
『鎌倉殿の13人』ロゴ入り「ありあけ 侍ハーバー 勝栗抹茶」発売! 抹茶餡の中に抹茶黒蜜がとろり
鎌倉レ・ザンジュ「鎌倉...その愛」がテーマの新商品が続々と! 静の舞や紫陽花がモチーフ

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化