エリザベス女王の国葬での「マスクの色」事情を振り返る。日本でも葬儀では「黒マスク」が好ましいのか

【カラーコーディネーターが解説】エリザベス女王の国葬に際して、天皇皇后両陛下のマスクに注目が集まりました。イギリスではノーマスクが進んでいますが、日本ではマスクをつける人が多いという状況があります。日英のマスク事情を振り返ってみましょう。※写真:Mark Stewart/Camera Press/アフロ

写真:Mark Stewart/Camera Press/アフロ

天皇皇后両陛下がエリザベス女王の国葬に出席され、「マスクの色」に注目が集まりました。9月17日に皇居・御所を出発されたときは、両陛下は白い不織布マスクをつけていましたが、同日、ロンドン郊外のスタンステッド空港に到着された際には、黒い不織布マスクに。両陛下に同行した皇宮警察も、同じように黒いマスクをつけていました。

9月19日、エリザベス女王の国葬では、両陛下のノーマスク姿も注目を集めました。イギリスから国葬へ招待された各国の元首たち約500人の大半は、葬儀が行われたロンドンのウェストミンスター寺院へ向かうためにバスを利用。両陛下にとって、各国の元首の多くは旧知の間柄です。挨拶の場面はあったものの、国際的な儀礼の場であり、黙とうを捧げる場なので、大きな声を張り上げる人やおしゃべりに興じる人はいません。

天皇陛下は親交の深かったエリザベス女王との最後のお別れをすると、同日夜、帰国の途に。9月20日、羽田空港の貴賓室にて秋篠宮殿下ご夫妻、イギリス大使などのお迎えを受けたとき、両陛下は白い不織布マスクをつけていました。
 

両陛下の「黒いマスク」、イギリスSPの「白いマスク」

両陛下が英国で黒いマスクにつけかえたのは、2021年4月17日に行われたフィリップ王配の葬儀にならったのではないでしょうか。このときの葬儀はパンデミック対策への配慮もあり、参列者は近親者30人のみに限られました。葬列の行進は屋外なのでノーマスク、葬儀が執り行われたセント・ジョージ礼拝堂では、マスク着用とソーシャルディスタンスが義務付けられ、エリザベス女王をはじめ全員が黒いマスクをつけました。

今回、エリザベス女王の国葬に際して宿泊先となったロンドンの名門ホテル「クラリッジズ」では、両陛下の警備を担当するSPは白い不織布マスクをつけて待機していました。2022年2月、イギリスでは新型コロナウイルスの規制が撤廃されたため、マスクをつける人はほとんどいません。おそらく、SPたちは日本の皇室にならって白いマスクをつけたのでしょう。日英両国の配慮がうかがえる印象的なシーンが見られました。


>(次のページ)日本でも、葬儀に出るときは「黒マスク」が正解?


【おすすめ記事】
英王室は「黒」を採用。「ブラックフォーマル」に合わせるマスク色は、何色が正解カラー?
ハンカチやマスクの色、ストッキング…喪服の意外と細かい小物マナー
アンミカの「白って200色あんねん」は本当? 人が識別できるのは何色まで?【カラーコーディネーターが解説】
医師の手術着の色はなぜ「青」や「緑」なの?白衣ではない理由は?【色彩学の観点から解説】
“ガラス瓶ポカリ”の水色はなぜこんなに清涼感がある? そもそも水はなぜ青く見えるの?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化