「まるで肉」と話題! バーガーキング「プラントベースワッパー」の味やカロリーを「ワッパー」と比較してみた

バーガーキングの「プラントベースワッパー」100%植物性パティが「まるで肉みたい」と話題。従来のワッパーとの味の違いは? プラントベースワッパーのカロリーなども含めて実食レポートします。

バーガーキング デリバリー
バーガーキングをデリバリーで購入

近年注目されている代替肉。動物性の肉の代わりに、植物性の食材を使い、肉のように仕上げているものです。
 

味の評価は分かれるところで、「ボソボソしている」「味がしなくておいしくない」などという声もあります。筆者も海外のビーガンレストランで食べたバーガーが、代替肉の味気なさをカバーするためか強烈に塩気が強かった印象が残っています。
 

最近は技術も向上し、日本国内のハンバーガーチェーン店でも代替肉を使ったバーガーをメニューに入れているところが増えてきました。今回はその中でも評判が高い、バーガーキングの「プラントベースワッパー」を定番の「ワッパー」と食べ比べしてみます。
 

バーガーキング「プラントベースワッパー」と「ワッパー」食べ比べ実食レポート

バーガーキング「プラントベースワッパー」と「ワッパー」
デリバリーで届いたバーガーキングの「プラントベースワッパー」と「ワッパー」

個人的なことを言うと、筆者は国内で展開しているハンバーガーチェーン店の中ではバーガーキングが1番好きです。ソースでごまかすのではない、肉本来の旨味を出しているバーガー「ワッパー」は他では味わえないおいしさです。肉好きの人の中には、バーガーキングのワッパーファンが多いのではないでしょうか。
 

好きなだけに口が味を覚えているバーガーキングの「ワッパー」。それと代替肉を使っている「プラントベースワッパー」を食べ比べるので、もしかしたら厳しい評価になるかもしれません。
 

バーガーキング「プラントベースワッパー」のカロリーは?「ワッパー」と比較

・プラントベースワッパーは大豆由来の100%植物性パティ

バーガーキングの「プラントベースワッパー」のパティは、大豆由来の100%植物性パティを直火焼きしています。パティは100%植物性ですが、その他の原材料には動物性食材も含んでいるので、ビーガンバーガーというわけではありません。
 

・プラントベースワッパーのカロリーなどをワッパーと比較

気になる「プラントベースワッパー」の栄養成分ですが、100%植物性というと動物性よりもカロリーが低い? と思われがちですが、各栄養成分を比較してみると従来の「ワッパー」とあまり違いはありませんでした。
 

ワッパーとプラントベースワッパーの栄養成分比較
ワッパーとプラントベースワッパーの栄養成分比較※バーガーキング・ジャパン 食品の栄養成分より抜粋し筆者が作成

左が「プラントベースワッパー」、右が「ワッパー」になります。包みを開けただけでは違いは分かりません。
 
左「プラントベースワッパー」右「ワッパー」
左「プラントベースワッパー」右「ワッパー」
  
バンズ、パティ共に横から見ても違いは分かりません。 
 
左「プラントベースワッパー」右「ワッパー」
横から見ても違いはない
 
当然カットしても、「プラントベースワッパー」と「ワッパー」の違いはほぼ分かりません。どちらもパティの他には、スライスした玉ねぎ、トマトなどの野菜が入り、トマトケチャップとマヨネーズが使われています。
 
左「プラントベースワッパー」右「ワッパー」
左「プラントベースワッパー」右「ワッパー」


まずはプラントベースワッパーから食べてみました。
 

「あれ? 普段のワッパーだ」一瞬、取り間違いをしたかと思ったのですが、確認すると口にしているのはプラントベースワッパーです。これだけを食べているとワッパーとの違いが分からないほどの味。
 

炭火焼の香ばしさと肉肉しさは、いつものワッパーと同じです。
 

左「プラントベースワッパー」右「ワッパー」
プラントベースワッパーの断面

パティの味を比較すべく、切り出してみました。左がプラントベースワッパー、右がワッパーになります。
 

パティだけを比較してみたら違いがありました。プラントベースワッパーの方が、ワッパーよりもパティがわずかに柔らかい。ワッパーの方が動物性の肉の筋のような弾力を感じました。
 

しかし、どちらがおいしいかと言われると、どちらも十分においしい。プラントベースワッパーのパティの少し柔らかいのも、これはこれでおいしいのです。

プラントベースワッパーの肉の味
左「プラントベースワッパー」右「ワッパー」

 
肉としての旨味とジューシーさ、炭火で焼き上げた香ばしさ、全てがそろっているプラントベースワッパーのパティでした! バーガーキング好きの筆者にとって、十分にワッパーらしさを楽しませてくれる商品です。
 

ワッパー、プラントベースワッパー共に店頭価格は540円(税込)。プラントベースフードが気になる人は、ぜひバーガーキングでお試しください!


【おすすめ記事】
好きな「ハンバーガーチェーン」ランキング! 2位「モスバーガー」を抑えた1位は?
「ハンバーガーのパティ」と「ハンバーグ」は何が違う? 「違いの分かる人」になれるハンバーガー用語
「意識高い系ハンバーガー」に物申す!なぜこんなに食べづらくするのか
「マクドナルド」の人気メニューランキング! 2位「ダブルチーズバーガー」、1位は?
「飲食チェーン店」満足度ランキング! 3位「モスバーガー」、同率1位は前年度8位からランクアップの?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化