JR職員の「炎上アナウンス」で気になった、矯正すべき日本人の悪癖【山田Gのシン・日本語辞典】

ネット社会にあふれる「シン・日本語」をプロライター兼コラムニストの山田ゴメスが考察するシリーズ。【vol.9】は、JR職員がやらかしてしまった、とある炎上アナウンスについて。

メッセンジャーアプリやSNSで見かける話題のネットスラングから、大人の常識には当てはめられない日本語の新たな用法、もはや「?」な若者言葉まで。ネット社会にあふれる「シン・日本語」をプロライター歴30年の山田ゴメスが考察する。
 

vol.9 JR職員がやらかしてしまった、とある炎上アナウンス

つい最近、JR埼京線の新宿駅係員が利用客に呼びかけたアナウンスが、ネット上でプチ炎上状態に。その経緯や原因解明に関しては、9月8日に放送された朝の情報バラエティ番組『めざまし8』(フジテレビ系)でも特集された。
 

実際のアナウンス

「防犯カメラは多く設置しておりますが、◯◯は多くいらっしゃいます。◯◯をされたくないお客さまは、うしろの車両をぜひご利用ください」
 

考察

「◯◯」に入るのは、ズバリ!「痴漢」である。そして、ネット上で多く指摘されているのは「痴漢をされたくないお客さま」といったくだりに対する違和感。

「痴漢されたいお客さまなんておるんかいっ!?」

「そんなんおるわけないやろ!」

……って理屈だろう。

『めざまし8』の取材を受けたJR東日本は「適切な案内ではなかった」と謝罪。同番組のMCを務める俳優の谷原章介(50)は、

「意図はわかるんですけどね。定型文みたいなのがあると思うんですけれども、この方は混んでいるところを誘導する際、臨機応変にアナウンスしたのかなと思うんですけどね。ちょっとアナウンス力を磨き直していただきたいですね」

……と、コメント。また、ゲストとして出演していた、とあるNPO法人理事長の某氏は、

「鉄道会社が防犯カメラを設置したり、女性専用車を設けたり、一生懸命やっているのは事実。でもこれだとやっぱり(痴漢の撲滅を?)諦めているように聞こえますね」

……と、皮肉混じりのちょっとした苦言を呈していた。

なにかかたちに残る正式な声明や文書ではない単なる駅構内アナウンスであり、すでにJR側もお詫びはしているので、いまさら蒸し返すほどの案件でもない……とは思う。しかし、この手のケアレスミスは今回のケースにかぎらず、わりと我々の日常生活においてもウッカリやらかしてしまいがちだったりもするので、後学のために……ってことで、とりあえずは批評とお手本めいたものを、ここで示しておきたい。

まず、槍玉に挙げられている「痴漢をされたくないお客さま」のくだりだが、「じゃあ、どうすりゃいいの?」と問われれば……コイツが案外むずかしい。

「痴漢を避けたいお客さまは〜」にしたところでニュアンスが多少婉曲的になっただけで、「痴漢を避けたくないお客さまなんておるんかいっ!?」といった根本的な問題は、なんら解決されていない。となれば「痴漢を避けるためにも〜」と、より無機的な表現で“逃げる”のがベスト……とまではいかなくとも、ベターなのではなかろうか。

ただ、筆者はその前にあった「痴漢は多くいらっしゃいます」というくだりのほうが、むしろ深刻なのでは……と考える。(※ちなみに、東スポWebは、同案件の後追い記事で「いらっしいます」を「おらっしゃいます」と誤記していた。まがりなりにも「新聞」を発行している報道機関としては、あるまじきミステイクであるw)

丁寧な言葉遣いを過剰に意識するあまり、なんでもかんでも……ましてや人の道理に背いた外道中の外道である痴漢にまで尊敬語を使ってしまう日本人ならではの悪癖は、日々細心の注意をはらいながら矯正するべきだろう。

したがって、冒頭アナウンスの正解は、

「防犯カメラは多く設置しておりますが、痴漢はもっと多くいる可能性もあります。痴漢被害をより確実に避けるためにも、うしろの車両をぜひご利用ください」

……ってことなのである。

【おすすめ記事】
もはや暗号LINE? 若い世代が「、」「。」を徹底的に排除する理由
ぶっちぎりでキモいと評判?「おじさんLINE」頻出の語尾は「~かな?」
「絵文字たっぷりLINE」がおばさんっぽいと思われるのはなぜ? 本当の原因は“絵文字そのもの”ではなく…
若者から大人までが誤用しまくる「~させていただく」の存在感
彼女さん、YouTuberさん…若者たちが多用する「さん付け」に違和感?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた