好きな「ペットボトルのウーロン茶」ランキング! 健康志向派に大人気の「黒烏龍茶」を抑えた1位は?

好きな「ペットボトルのウーロン茶」ランキング! All About編集部が全国500人を対象に実施した独自アンケート調査から、ランキング結果を回答者のコメントとともに発表します。健康志向派に人気のサントリー「黒烏龍茶」を抑えた1位は?

(画像出典:サントリー公式サイト

All About編集部では、「好きなペットボトルのお茶」についての独自アンケート調査を実施しました。同調査は、全国10〜70代の男女500人を対象に、インターネット上で実施したもの(調査期間:2022年9月5〜6日)。今回はその中から、「好きなペットボトルのウーロン茶」ランキングを発表します!
 

第3位:「ウーロン茶」(伊藤園)

第3位は、伊藤園の「ウーロン茶」。1980年に発売した「缶入りウーロン茶」が、世界で初めて販売されたウーロン茶飲料だといわれています。長い歴史を経て、いまだに愛され続ける商品です。

「昔から変わらないパッケージで安心感があるので(32歳女性/三重県)」「定番であり最もおいしい(33歳男性/愛知県)」「定番であり、後味がすっきりしているから(30歳男性/大阪府)」「値段が安めなのにおいしい(43歳男性/大阪府)」など、“定番”というイメージが強い人も多いようです。

さらに、「食事に良く合うから(42歳男性/愛知県)」「程よい苦さがあって良いです(34歳男性/東京都)」「濃さが丁度良いため(29歳女性/宮崎県)」「香ばしくて美味しいから(27歳男性/広島県)」など、食事と好相性なほどよい苦さや濃さにも評価が集まっています。
 

第2位:「黒烏龍茶」(サントリー)

第2位は、サントリーの「黒烏龍茶」。ウーロン茶重合ポリフェノールを多く含んでいることが特徴で、「体に脂肪がつきにくい」をキャッチコピーにした、特定保健用食品としても有名です。

「痩せそうなイメージがあるので(45歳男性/長崎県)」「健康に良いイメージがあるため(38歳男性/神奈川県)」「カロリー過多な食事と飲むときのお守りになるからです(32歳女性/東京都)」「脂肪燃焼効果があると聞いたから(20歳女性/京都府)」など、体を気遣って意識的に飲んでいる人も多いようです。

また、「味が濃くて美味しい。普通のウーロン茶よりもデトックス効果もありそうなのでよく飲みます(34歳女性/東京都)」「脂っこいものを食べた後などにスッキリさせてくれる感じがする(41歳男性/和歌山県)」「なんかウーロン茶っていう感じがせず飲みやすさが格別に良いから(57歳男性/北海道)」など、飲みごたえのあるすっきりとした味わいも人気でした。
 

第1位:「烏龍茶」(サントリー)

第1位は、サントリーの「烏龍茶」でした。中国の福建省が推奨する茶葉を使用し、コクと爽快感のバランスを独自製法にて調節している、サントリーを代表する商品の1つです。

回答者からは、「烏龍茶と言えば、サントリーのこの商品、一番美味しいから(49歳男性/広島県)」「烏龍茶といえばサントリーなのでこれしか飲まない(30歳女性/東京都)」「烏龍茶といえばの王道商品で、濃すぎず薄すぎず1番飲みやすいからです(24歳女性/群馬県)」など、「ウーロン茶といえばサントリー」という声が世代を問わず寄せられました。

さらに、「色々飲んでは見るのですが一番美味しいです(31歳男性/大阪府)」「サントリーの烏龍茶が一番飲み慣れているから(30歳女性/三重県)」「昔から飲み慣れているため安心する味(31歳女性/富山県)」「天然な味がして後味も良い。若干苦味があるが、烏龍茶の味がしっかりして、飲みやすい(37歳男性/兵庫県)」など、飲み慣れていて安心するというコメントもありました。


>6位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
好きな「ペットボトルの緑茶」ランキング! 3位「伊右衛門」、2位「お~いお茶 緑茶」、1位は?
好きな「ペットボトルのほうじ茶」ランキング! 「伊右衛門 ほうじ茶」「綾鷹 ほうじ茶」を抑えた1位は?
好きな「ペットボトルの麦茶」ランキング! 2位は「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」、1位は?
好きな「ペットボトルのジャスミン茶」ランキング! 2位は「伊右衛門 ジャスミン」、1位は?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは