ダイソーの食品で「キュウリの漬物」を作ってみた! 一番おいしかったのは、まさかの「ブタメン」

キュウリの漬物がおいしい季節です。少し変わり種の味を求めて、ダイソーで買える食品を使ってキュウリの漬物を作ってみました!

ダイソーの食品で「キュウリの漬物」を作ってみた

キュウリの漬物がおいしい季節です。さっぱりとしていて、夏場に最適ですよね。お店にはキュウリの漬物の素も売っていますが、少し変わり種でキュウリを漬けてみることに。ダイソーで買える食品を使ってみました! 
 

キュウリの漬物に使った、ダイソーで買える食品

ダイソーで買える、キュウリの漬物に使った食品

今回使用したのは、ダイソーで買った以下の食品です。

・「にんにく伝説 みそ」
・「ドライフルーツみたいな岩下の新生姜」
・「きんぴらごぼうのお菓子」
・「ブタメン」
・「わさび漬けの素」

「ブタメン」以外は1袋108円(税込)。「ブタめん」は2個で108円でした。
 

早速それぞれの食品でキュウリを漬けてみることにします。下準備として、キュウリをスライスして、ひと晩漬け込みます。
 

「にんにく伝説 みそ」でキュウリの漬物

「にんにく伝説 みそ」

臭みのないにんにくを、ちょっぴりカツオ風味の味噌で味付けしています。にんにくに付いているみそを上手に使うことで、キュウリをおいしく漬けられるのではないかと考えました。

「にんにく伝説 みそ」で漬けたキュウリ。にんにくと一緒に食べてもおいしい

できあがったキュウリの漬物には、「にんにく伝説 みそ」の味がしっかり付いていました。にんにくの風味もしてきます。もともと塩気がある食べ物なので、キュウリとの相性も良いですね。にんにくを添えて、一緒に食べてもおいしいですよ。
 

「ドライフルーツみたいな岩下の新生姜」でキュウリの漬物

「ドライフルーツみたいな岩下の新生姜」

「ドライフルーツみたいな岩下の新生姜」は、岩下の新生姜に砂糖をまぶして乾燥させた食べ物です。まさにドライフルーツですが、甘さだけではなくお酢の味も付いています。

塩気が足らず、少々物足りない味になってしまった

キュウリを漬けてみたところ、漬物というよりは酢の物のような味がしました。少しだけ、物足りなさも感じます。というのも、塩気が足りないのです。酢の物を作るときには塩を加えますが、それが足りなかったのでしょう。新生姜の風味はしっかりと付いているので、次に作る時には塩を加えたいと思います。
 

「きんぴらごぼうのお菓子」でキュウリの漬物

「きんぴらごぼうのお菓子」

「きんぴらごぼうのお菓子」は、サクサクとした歯応えのごぼうのお菓子で、きんぴらのように甘さやしょっぱさもあります。ダイソーの中でもかなりおいしいお菓子で、筆者のお気に入りの1つ。それを使ってキュウリの漬物を作りました。

ごぼうの風味がキュウリにうつっている

「きんぴらごぼうのお菓子」自体味が濃いので、キュウリにも味が付きやすいです。それよりもごぼうの風味がして、ちょっと不思議な味わい。さらに、柔らかくなった「きんぴらごぼうのお菓子」もいつもとは違う食感になって、これはこれでおいしいです。
 

「ブタメン」でキュウリの漬物

「ブタメン」

ダイソーのカップ麺といえば、「ブタメン」です。一般的なカップ麺よりも小さいサイズなので、ちょっとしたおやつに食べられそう。味のバリエーションも豊富になってきています。
 

今回使うのは定番の「とんこつ味」。麺がかたまっているので細かくします。粉と一緒にキュウリと漬けていきます。

「ブタメン」を使って漬けたキュウリの漬物

できあがったキュウリの漬物は、これまで食べたことがない味でした。これまで、キュウリをとんこつ味にしようと思ったことがなかったからです。でも作ってみると、とんこつの味がキュウリにしみ込んでおいしいです。柔らかくなった麺とキュウリを一緒に食べると、不思議な食感に。これはおすすめです。
 

「わさび漬けの素」でキュウリの漬物

「わさび漬けの素」

「わさび漬けの素」はキュウリの漬物を作るための素なので、安定の味ですね。

わさびが鼻にツーンとくる

食べた後にわさびがほんのり香り、そして口の中にもわさびの味が残ります。ツーンとしたわさびの辛味が苦手な人でなければ、おいしくいただけるのではないでしょうか。
 

一番おいしかったのは、「ブタメン」で作ったキュウリの漬物

ダイソーで買える食品を使って作ったキュウリの漬物(画像は全て筆者撮影)

今回は5つの食品を使ってキュウリの漬物を作ってみました。筆者が最もおいしいと感じたのは「ブタメン」で作った漬物です。
 

初めての味というのもあるかもしれませんが、とんこつとキュウリは想像以上に合います。もしかしたら、とんこつラーメンにキュウリの薄切りを入れても美味しいのではないかと思ったほどでした。柔らかくなった麺の食感も楽しめます。一度試す価値はあると筆者は思うのですが、いかがでしょう?


【おすすめ記事】
きゅうりの大量消費に! 業務スーパーの「きゅうりを漬けると美味しいアイテム」5つ
「キュウリ」を輪切りにしたら断面が白いんですが…食べても大丈夫ですか?
夏の定番きゅうりも要注意⁉「お弁当づくり」で避けたい5つのNG
3COINSの「浅漬け鉢」は、漬物を作るだけではない! 器と重石を別々に使っちゃえ!
カルディの「青いにんにく辣油」は万能調味料だった! 納豆、きゅうり、肉、何にでも合う!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」