カルディコーヒーファームの「青いにんにく辣油」(画像は全て筆者撮影)

おいしいけれど食べた後の口のニオイが……。そんな心配があるにんにくですが、一度食べたら病みつきになってしまうのが、カルディコーヒーファーム(以下、カルディ)の「青いにんにく辣油」です。にんにくや青唐辛子が入ったピリ辛味で、実は野菜や肉類とも相性が良い万能調味料だったのです。
 

にんにくがたっぷり入っている

にんにくや青唐辛子、わさび菜といった「辛いもの」が入っている

「青いにんにく辣油」の原材料を見ると、にんにくや青唐辛子、わさび菜といった「辛いもの」が入っています。にんにくはスライスされていて、青唐辛子やわさび菜は細かく刻まれていました。そしてごまが入っていて、ぷちっとした食感をプラスしてくれます。
 

だしがきいた油の香りがすごくいい!

油は緑色。香りにはだしの風味や少し甘さが感じられる

これだけにんにくが入っているので、にんにくの香りが先行するのかなと思ったら、だしがきいている油の香ばしい香りの方が先に漂ってきました。ちょっぴり甘い香りもする、不思議な香りです。その後で時間差でにんにくの強烈な香りがしてきます。
 

食べると、やっぱり辛い!

ピリッとした辛さがあり、口の中にはにんにくの味が残る

「青いにんにく辣油」をそのまま食べてみることにしました。にんにくはスライスされているし、青唐辛子も少しだし……。そんなことを思って一口食べてみたら、筆者の予想をはるかに超えた辛さでした。

もともと辛い食べ物が苦手ということもありますが、ピリッとした青唐辛子の辛さが際立っています。そして、にんにくの味が、しばらく口の中に残ります。やはり、朝食べるのは避けたほうが良さそう。

でも、この辛さとにんにくの風味、油の香ばしい香りがとても良いので、ついつい食べてしまいます。ご飯や漬物、肉のトッピングなどに使えますよ。
 

どんなアレンジができる?

■納豆トッピング
 
納豆のトッピング。混ぜると全体的に風味が良くなる

納豆ご飯にトッピングです。「青いにんにく辣油」の辛さがあるので、カラシは不要かもしれませんね。納豆とよく混ぜると全体的に香ばしい油の風味が行き渡り、納豆がさらにおいしくなります。
 

■きゅうりの漬物

きゅうりの漬物に。夏バテの時期にも良さそう

きゅうりを「青いにんにく辣油」で漬けてみました。ピリ辛の漬物の完成です。にんにくの香りがとても良く、夏バテの時にも活躍しそうです。
 

■肉巻きにトッピング

肉巻きにトッピング。薬味のようなイメージ

「青いにんにく辣油」を肉巻きに乗せることで、薬味のような役割を果たしてくれます。肉に「青いにんにく辣油」の風味が移るので、おいしさ倍増です。
 

カルディの「青いにんにく辣油」は、405円(税込)。今回紹介したアレンジだけではなく、何にでも合わせやすい万能調味料と思って良いのではないでしょうか。お口のニオイ対策を万全にしつつ、ぜひ食べてみてください。



【おすすめ記事】
カルディ「塗って焼いたらメロンパン」新発売! いつもの食パンが「メロンパン」に大変身
カルディの新デザイン「水出しドリンクボトル」はお値段以上に満足度が高い!
桃好きが大満足! カルディ「ピーチエードベース」はアレンジ自在な濃縮桃ドリンク
カルディの「ヌガークッキー・マンゴー味」はねっとり食感! 食べる時に注意して欲しいこととは
カルディの「モカキリマンジャロ コーヒーゼリー」が2022年も発売! ボリュームたっぷりで「ほろ苦感」がたまらない