「献血」の記念品は回数やポイントに応じて種類があるって知ってた? 日本赤十字社に聞いてみた【8月21日は献血の日】

8月21日は「献血の日」。SNSでは献血の記念品がたまに話題となりますが、どういった種類があり、どのタイミングでもらえるのでしょうか。日本赤十字社に聞いた情報をもとに、記念品の種類をまとめてみました。

献血推進キャラクター「けんけつちゃん」

8月21日は「献血の日」。1964年の同日、日本政府が「輸血用血液を献血により確保する体制を確立」することを閣議決定したことから、毎年この日は「献血の日」とされています。
 

突然ですが、皆さんは献血に行ったことはありますか? 筆者は学生時代に初めて献血に行き、現在の献血回数は「26回」。献血に行く目的はさまざまありますが、献血回数やポイントに応じてもらえる記念品も楽しみにしています。
 

中でも、いつかほしいのが献血回数「100回」に到達した人がもらえる記念品の「ガラス盃」です。タイミング&体調が良いときにいつでも献血に行けるよう、お財布には常に献血カードを忍ばせています。

筆者の献血カード。ここ数年はコロナ禍&血液の濃さが基準に達していないためにできていませんでしたが、先日久しぶりに400mL献血ができました

献血をすると、献血回数だけでなく、キャンペーンやポイント数によってもらえる記念品があります。SNSでもたまに話題になる献血の記念品。どういった種類があり、どのタイミングでもらえるのでしょうか。日本赤十字社に聞いた情報を基に、記念品の種類をまとめてみました。
 

献血でもらえる記念品の種類は主に3つ!

日本赤十字社によると、献血でもらえる記念品の種類は主に以下の3種類です。
 

・献血Web会員サービス『ラブラッド』におけるポイント記念品
献血回数ごとに表顕彰を行う献血者顕彰規程および表彰制度における記念品または感謝状
・期間限定の献血キャンペーンを実施する際にもらえるキャンペーン記念品
 

なお、「キャンペーンは全国統一で実施するもののほか、各都道府県の血液センターが独自に実施するキャンペーンが多くあり、これらを把握することはしていません」(日本赤十字社)とのことです。
 

ポイント、献血回数、キャンペーンごとにもらえる記念品があり、タイミングが重なればこれらを同時にゲットできるわけですね。キャンペーンは各都道府県ごと独自に行っている場合もあるようです。
 

今回お話を聞いたのは日本赤十字社ですが、調べると例えば関東の場合「日本赤十字社 関東甲信越ブロック血液センター」があり、関東圏のキャンペーン&記念品などはそちらで管理しているようです。
 

では、これら3種類の記念品にはどんなものがあるのか、順番に見ていきましょう。

 

>次ページ:献血Web会員サービス「ラブラッド」は初回登録時にも記念品がもらえる可能性大!

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」