『オールドルーキー』第7話 “梅屋敷”増田貴久の秘めた一面がネット感動の渦へ「梅ちゃんキャラ変」「涙腺崩壊」

8月14日に放送された日曜劇場ドラマ『オールドルーキー』(TBS系)第7話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『オールドルーキー』)。

綾野剛さん主演、現役を引退した元サッカー日本代表のセカンドキャリアを描くドラマ『オールドルーキー』(TBS系)。8月14日に放送された第7話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

オールドルーキー
画像出典:TBS『オールドルーキー』公式サイト

 

第7話のおさらい

車いすテニス選手でパラリンピックの日本代表候補でもある吉木修二(福山翔大)が「ビクトリー」にやって来て、国際大会に勝つために世界を転戦したいからスポンサーを探してほしいと言います。新町(綾野剛)、塔子(芳根京子)、梅屋敷(増田貴久)は試合を見に行くとその迫力に圧倒され、競技用の車いすを無償提供する会社では、吉木とメカニック担当・矢部(津田健次郎)の強い信頼関係に感動します。
 

パラアスリートと契約する意義を、いつになく熱く高柳社長(反町隆史)に訴える梅屋敷。彼には病気で下半身不随になった姪がおり、ひとかたならぬ思いを持っていたのです。熱意が伝わり吉木との契約が決まると、新町たちはスポンサー探しに奔走。そんな矢先、吉木が別の会社の車いすに乗り換えると言い出します。
 

長いキャリアを経て、そろそろ現役の引き際について考え始めていた吉木にとって、あと2~3年が勝負。引退後のセカンドキャリアは普通のアスリートよりも段違いに厳しいと言い、勝つことにこだわって焦る吉木。一方でスポンサー探しに苦戦する新町たちに、高柳は「パラアスリートを可哀想と思っていないか。普通のアスリートとして見ろ」とアドバイス。考えを改めた新町たちの元に、スポンサードを申し出る連絡が届きます。
 

勝つことへの焦りから車いすを乗り換えた吉木でしたが、「しっくりこない」と元の車いすに戻したいと言い出します。新町は「アスリートにとってしっくりくるかどうかは大切なんだ」と理解を示し、吉木とともに矢部に頭を下げに行きます。「お前のことは誰よりもわかっているプライドがある」と矢部。すでに調整済みの車いすを見せ、試合ぎりぎりまで調整してやると応えます。吉木の試合を見て触発された梅屋敷の姪は「私もやりたい」と前を向く様子を見せ、彼女をずっと心配していた梅屋敷は感動にむせび泣くのでした。

 

オールドルーキー
画像出典:TBS『オールドルーキー』公式サイト

 

梅屋敷の秘めた一面に視聴者感動

会社では見せない梅屋敷の秘めた一面が垣間見られた第7話放送直後、Twitterには感動の声が殺到しトレンド入り。「さくらちゃんの『車いす買って』のところで涙腺崩壊」「梅ちゃんに感情移入してうるっとしてしまった。アスリートの一生懸命な姿に毎度泣かされる」「梅ちゃんキャラ変。今後ビクトリーの仲間とどんな感じで絡んでいくのか楽しみ」「梅ちゃんの涙につられたよ。実はこんなにいいヤツだったのね」「梅屋敷さんのスポンサー社長説得のシーンが迫真。ぐっときた」など賞賛が寄せられています。
 

8月21日放送の第8話では、塔子が担当するバレーボール選手・古川舞(田辺桃子)の移籍をめぐって一波乱。そんな中、レシピ本が好調の果奈子に地方での講演依頼が舞い込み、新町は慣れない家事に奮闘します。裏方に回った新町は果奈子の活躍を素直に「嬉しい」と言う新町ですが、このまま何事もなく順調に進んでいくのでしょうか。一生懸命にまっすぐアスリートや家族と向き合う新町の姿から目が離せません。
 

『オールドルーキー』第8話 8月21日放送予告



【連載バックナンバー】
『オールドルーキー』第6話 梅屋敷(増田貴久)の残念キャラに視聴者いじり笑い「なんか憎めない」「愛しいw」
『オールドルーキー』第5話 迷いなく突き進む新町(綾野剛)に称賛&応援の声「胸アツ」「MIU404観直したくなる」
『オールドルーキー』第4話 涙の引退試合! 綾野剛“泣きの演技”にネット絶賛「神回」「泣き顔絶品」
『オールドルーキー』第3話 未練と葛藤しつつ現役アスリートを応援する綾野剛に思わず涙「奥が深い」「こんな剛ちゃん初めて」
『オールドルーキー』第2話 次回プロランナー役でSixTONES田中樹さん登場にファン歓喜「納得の体型」「予告で泣きそう」
『オールドルーキー』第1話 綾野剛の快進撃に期待! 「大魔神佐々木を拝めるとは」アスリートゲスト出演にも注目
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応