「スキマ時間にできるおすすめの副業」 3位 ライティング、2位 クラウドソーシング、1位は?

ライズ・スクウェアは、本業のスキマ時間に副業したことのある500人を対象に「隙間時間にできるおすすめの副業」に関する意識調査を実施し、結果をランキングとして発表しました。ランキングの3位はライティング、2位はクラウドソーシング、1位は?


ライズ・スクウェアは、本業のスキマ時間に副業したことのある500人(女性282人・男性218人)を対象に「隙間時間にできるおすすめの副業」に関する意識調査を実施。その結果をランキングとして発表しました。

調査期間は、6月17~27日です。回答者の年代は、10代0.8%・20代25.4%・30代38.2%・40代22.6%・50代11.2%・60代1.8%となっています。
 

「スキマ時間にできるおすすめの副業」ランキング! 1位は「ポイ活・アンケート」

スキマ時間にできるおすすめの副業

「スキマ時間にできるおすすめの副業」の1位は「ポイ活・アンケート(172人)」でした。次いで、2位「クラウドソーシング(73人)」、3位「ライティング(67人)」と続いています。パソコンやスマホのみでできる副業が目立ちました。

上位の副業は在宅中や移動中でもでき、その手軽さが人気の要因だと考えられます。一方で「単発バイト」や「接客」など、外での副業を挙げた人は少ない結果となりました。会社の同僚に見られるなどのリスクが原因かもしれません。

「ポイ活・アンケート」を選択した人からは、「アプリを利用したポイ活。時間と場所にとらわれずに稼げる(20代女性)」「隙間時間にできてスキルも必要ないからです(50代男性)」などの声が寄せられていました。
 

副業を始めた理由のトップは「自由に使えるお金を増やしたい」

スキマ時間に副業を始めた理由

「副業を始めた理由」のトップは「自由に使えるお金を増やしたい(168人)」でした。次いで、「生活費のため(136人)」、「隙間時間を活用したい(76人)」となっています。

背景は異なるものの、収入を増やす目的で副業を始める人が多く見られました。一方で、「スキルアップのため」「興味があることに挑戦するため」など、金銭面以外の理由は少数でした。

「自由に使えるお金を増やしたい」と回答した人からは、「登山やランニングイベントに遠征する機会が多く、趣味に使うお金がほしかったから(30代女性)」などのコメントが集まりました。
 

副業の見つけ方は「ネットで調べた」が最多

副業を見つけた方法

「副業の見つけ方」は、「ネットで調べた(235人)」と回答した人が最多でした。次いで、「友人・知人の紹介(73人)」、「クラウドソーシングで探した(49人)」と続いています。インターネットを中心として、主体的に副業を探した人が多い結果となりました。

回答者からは「YouTubeで『おすすめの副業』と検索してでてきたものを実践してみました(20代男性)」「地元新聞の求人の折り込みチラシで見つけた(40代女性)」などの声が見られました。


【おすすめ記事】
「有休」と「有給」はどっちが正しい? 違いや正しい使い方を現役アナウンサーが解説!
「ご教示」と「ご教授」の違いは? 正しい使い方や意味を現役アナウンサーが解説!
“飽きっぽい”人に向いている仕事ランキング! 3位は「クリエイティブ系」、2位は「営業職」、1位は?
知人や友人の「うらやましい勤務先」 民間1位はトヨタ自動車。全体1位は?
「2022年 夏ボーナス」中央値は60万円。70%が「支給あり」も平均支給額は13万円減少

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】