『テッパチ!』第6話 第一部完結! 町田啓太&佐藤寛太の男泣きに反響「めっちゃ感動」「1班ロスすぎる」の声

8月10日に放送されたドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)第6話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『テッパチ!』公式サイト)。

町田啓太さん主演、陸上自衛官 候補生たちの青春を描くドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)が、8月10日放送の第6話で第一部終幕を迎えました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

テッパチ!
画像出典:フジテレビ『テッパチ!』公式サイト

 

第6話のおさらい

国生宙(町田啓太)ら陸上自衛隊 自衛官候補生の教育終了まで残すところあとわずか。自候生たちは希望職種を提出し、最後にして最大の難関である2日間の総合訓練に挑みます。そんな中、宙の母が事故に遭ったとの知らせが届きます。動揺する宙に病院へ行けと第一班の仲間たちは声をかけますが、宙は「一つくらい最後までやり遂げたい」と訓練からの離脱を拒否しました。
 

実際の戦場を想定した戦闘訓練と徒歩行進訓練を柱にした2日間の総合訓練で、「この3カ月間に鍛え上げてきたものをすべて出し切れ!」という教官の八女純一(北村一輝)の言葉どおり、宙たちは互いをサポートしながら全力で食らいつき、無事に最終訓練を乗り越えました。
 

徒歩行進訓練から駐屯地に戻るや、母が入院する病院へと走る宙。峠を越えて意識を取り戻した母に、自衛官になろうとしていることを報告。「1人にしてごめんね」と涙ながら謝罪する母へ宙は「1人じゃない。仲間がいる」と返し、母子の確執は雪解けを迎えました。
 

誰一人欠けることなく前期訓練を無事修了した第一班の一同。普通科を志望した宙とバディの馬場良成(佐野勇斗)は、2人そろって南関東駐屯地に配属となります。するとその場には、1尉に昇格した桜間冬美教官(白石麻衣)の姿が。時を同じくして異動してきた彼女は「これからはあなたたちの上司。訓練生に対するように甘くはいかないから覚悟しなさい」と語るのでした。

 

テッパチ!
画像出典:フジテレビ『テッパチ!』公式サイト

 

見違えるほど“いい表情”になった第一班メンバーに感動

総合訓練では、負傷した仲間をサポートし合いながら完遂を目指す宙たち第1班メンバーの姿に胸が熱くなった第6話。修了式後には八女教官から1人ひとりに対してメッセージが贈られ、熱い涙をこらえきれない荒井竜次(佐藤寛太)にもらい泣きをした視聴者も多い様子。
 

Twitterでは「堪えたいけど全然堪えられてない宙くんの涙も自分の番になる前から号泣してる荒井の涙もすごいよかった。一班ロスすぎる」「一番泣いたのは荒井くんのところ。あんな荒くれ者だったあなたが一番泣くじゃん…視聴者も号泣だよ…」「第一部最終回最高だった!めっちゃ感動した」「まさかこんなに泣かされるとは」「宙×馬場、なべさん×丸さん、おぐさん×西くん、荒井×武藤どのバディも好きすぎるぐらい一班のみんなが素敵だった」など、キャストの熱演に対する称賛と感動の声が殺到しています。
 

第7話からは第二部「部隊編」が開幕します。新たに登場するキャストも、工藤阿須加さん、桐山漣さん、久保田悠来さん、結木滉星さん、水沢林太郎さんと豪華! 世代や階級の違う面々が任務を前に団結する展開は、第一部とは違った味わいを楽しめそうです。実務に際してぶつかる壁を、ヤケッパチから一皮むけた宙がどう乗り越えていくのかも注目です。
 

『テッパチ!』第7話 8月17日放送予告


 

【連載バックナンバー】
『テッパチ!』第5話 ツンデレ教官・白石麻衣の“恋人いない”宣言にネット湧く「可愛すぎる」「後ろ姿、完全に女のコ」
『テッパチ!』第4話 リピ確定!? 町田啓太ら全力“Choo Choo TRAIN”ダンスにネット大熱狂「キレッキレ!」「みんな可愛い!」
『テッパチ!』第3話 トラウマ対峙の“フルボッコ”荒療治に「これで克服される?」「こんな訓練で国を守るの?」の声
『テッパチ!』第2話 町田啓太×佐藤寛太の熱きバトル&和解に感動の声「アツくて最高」「余韻が残る名シーン」
『テッパチ!』第1話 若手俳優陣の肉体美に注目も「シャワーシーン長すぎ」の声
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化