ストレスによる「健康リスクの高い業種」ランキング! 3位 製造業、2位 運輸業・郵便業、1位は?

ドクタートラストは、「健康リスク」の業種別ランキングを発表しました。2021年度にストレスチェックの実施を受託した、940企業・団体のデータを基にしています。健康リスクの高い業種ランキングの3位は製造業、2位は運輸業・郵便業、1位は?


ドクタートラストのストレスチェック研究所は、「健康リスク」の業種別ランキングを発表しました。2021年度にストレスチェックの実施を受託した、940の企業・団体における集団分析データを基にしています。

健康リスクは、「仕事の負担・コントロール」リスクと「上司・同僚とのコミュニケーション」リスクの2指標を掛け合わせた数値です。標準集団の平均は「100」として示しています。
 

健康リスクの高い業種ランキング! 1位は「医療・福祉」

業種別・健康リスク総合ランキング


「健康リスクの高い業種」ランキングの1位は「医療・福祉」(107)でした。次いで、「運輸業・郵便業」(106)、「製造業」(105)と続いています。「医療・福祉」と「運輸業・郵便業」に大きな差はみられませんでした。

しかし仕事の負担・コントロール面の健康リスクは「医療・福祉」の方が高く、「運輸業・郵便業」はコミュニケーション面でのリスクがより高くなっています。また、「製造業」は仕事の負担・コントロール面、コミュニケーション面の両方で高い健康リスクの値を示しています。
 

仕事の負担が大きい業種は「教育・学習支援業」

業種別・仕事の負担ランキング

「仕事の負担」で健康リスクが最も高い業種は「教育・学習支援業」でした。続いて「宿泊業・飲食サービス業」、「卸売業・小売業」となりました。

「仕事の負担」は、仕事の量・処理速度・熱量に関する回答から算出されています。「教育・学習支援業」は複数の業務を1人でこなす場面が多く、長時間労働につながりやすい可能性が示唆されます。なお「仕事の負担」リスクで、2020年度から大きく悪化したのは「金融業・保険業」でした。
 

仕事のコントロールがしにくい業種は?

業種別・仕事のコントロールランキング

「仕事のコントロール」で健康リスクが最も高い業種は、総合ランキング1位の「医療・福祉」でした。次いで「運輸業・郵便業」と続きました。

「仕事のコントロール」は、仕事の自由度に関する回答から算出。人の命に関わる仕事では、状況に応じて優先事項が決まり、自分のペースで仕事を進めにくい傾向にあります。
 

「コミュニケーション不足」が健康リスクに

業種別・上司とのコミュニケーションランキング


「上司とのコミュニケーション」で健康リスクが最も高い業種は「運輸業・郵便業」でした。次いで「製造業」となっています。「同僚とのコミュニケーション」も、1位と2位は同じ結果です。

「運輸業・郵便業」「製造業」ではドライバーや製造作業員も多く、1人で黙々と仕事する傾向にあります。縦のコミュニケーションだけではなく、同僚との横のコミュニケーションも希薄になりがちです。


【おすすめ記事】
「有休」と「有給」はどっちが正しい? 違いや正しい使い方を現役アナウンサーが解説!
「ご教示」と「ご教授」の違いは? 正しい使い方や意味を現役アナウンサーが解説!
男女546人に聞いた「パワハラだと思う行為」 2位「異性に対する差別発言」、1位は?
出世“したくない”と思う理由ランキング! 男女ともに2位は「仕事量が増える」、1位は? 【500人調査】
転職が怖いと感じる理由ランキング!「収入ダウンの可能性」「転職後の仕事内容」を超えた1位の理由は?

【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化