studio CLIPと「ミッフィー」のコラボ雑貨が2022年も発売! インスタで最新情報も

ライフスタイルブランド「studio CLIP」は、8月6日から「ミッフィー」とのコラボアイテムを販売します。タイマーやカッティングボードなどのキッチン用品から、ブランケットなどのリビング雑貨まで、生活を彩るアイテムが多数登場します。

夏の人気コラボ企画「studio CLIP×ディック・ブルーナ」が2022年も実現
夏の人気コラボ企画「studio CLIP×ディック・ブルーナ」が2022年も実現

ライフスタイルブランド「studio CLIP(スタディオクリップ)」は、絵本作家ディック・ブルーナの代表作『ミッフィー』とのコラボアイテムを発売します。当コラボレーションは2019年から続く、夏の人気企画。“Best Friend”がテーマの今回は、ミッフィーのほか、ぶたの女の子「グランティ」も登場します。
 

発売日は店頭(全国のstudio CLIP店舗)が8月6日、公式Webストア「 .st」(ドットエスティ)は8月8日9時からの予定です。
 

暖かみのあるデザインとナチュラルな質感を楽しめる

コラボ第1弾の主な商品は以下の通り。タイマーやカッティングボードなどのキッチンアイテムから、ブランケットなどのリビングアイテムまで、豊富なラインナップとなっています。

■キッチンタイマー/カッティングボード

手前から「キッチンタイマー」「カッティングボード」
手前から「キッチンタイマー」(税込3080円)と「カッティングボード」(税込4950円)

■ウッドキャニスター

ウッドキャニスター
「ウッドキャニスター」(各税込3630円)

■トレイ付シルエットミラー

「トレイ付シルエットミラー」
「トレイ付シルエットミラー」(税込5060円)

■ティッシュ&小物収納

「ティッシュ&小物収納」
「ティッシュ&小物収納」(税込4400円)

■ウッドダストBOX

「ウッドダストBOX」
「ウッドダストBOX」(税込4950円)

■シルエットブランケット

「シルエットブランケット」
「シルエットブランケット」(税込3850円)

■歯ブラシホルダーセット

「歯ブラシホルダーセット」
「歯ブラシホルダーセット」(税込1540円)

■ソープディッシュ

「ソープディッシュ」
「ソープディッシュ」(税込2200円)

8月11日よりスタートする第2弾では、キッズチェアやプレイマットなど、子ども部屋に置きたくなるコラボアイテムを販売予定とのことです。

studio CLIPの商品を購入すると、期間限定ショッパーをゲットできる(※左が表面、右が裏面)
期間中、studio CLIPの商品を購入した人には「限定ショッパー」をプレゼント(※左が表面、右が裏面)

 

「studio CLIP CAFÉ」もコラボ

さらに「studio CLIP CAFÉ」でもコラボレーションが実現。夏にぴったりな「クリームソーダ」と、フルーツたっぷりの「ロールケーキ」が数量限定で登場します。
 

これらの対象メニューを購入した人には、カフェ限定のノベルティーをプレゼント。コラボメニューは、8月6日からの提供予定です。

「studio CLIP CAFÉ」にもミッフィーたちが登場!
「studio CLIP CAFÉ」にもミッフィーたちが登場!

 

 

インスタで最新情報を更新中!

なお、studio CLIP公式Instagramでは、各商品の詳細や、本記事では紹介しきれなかった商品について知ることができます。気になる方はチェックしてみてくださいね。




 

     



【おすすめ記事】
サーティワンで「31ポケ夏!キャンペーン」開催中! 2022年はイーブイのフレーバーが新登場
「チョコボール」のアイスがファミマ限定で発売! 1粒が大きくて食べごたえ抜群
夏気分高まる! ダイソーの「ステンレス冷麺器」はビビンバやそうめんの器にもピッタリ
「横浜赤レンガ倉庫」に全長25mの白い砂浜が出現!? ビーチで食べたい世界8カ国のソウルフードも
中目黒のスタバで「夏のお酒とおつまみ」を堪能! 期間限定「サマーテラス」でイタリアの“食前酒”を体験してみた


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在