大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<福井県版>」を発表しました。

福井県に住む20歳以上の男女3302人を対象に調査を行った結果、「住みここち(自治体)ランキング」1位は2021年3位の「福井市」。2位は「勝山市」、3位は「坂井市」が選ばれました。

このランキングは、福井県の居住者を対象に、2019~2022年の回答者数50人以上の自治体をランキング対象として集計しています。

勝山市「福井県立恐竜博物館」

 

3位:福井市のベッドタウンでもある「坂井市」

福井県北部に位置する「坂井市」。名勝東尋坊や、北陸唯一の現存十二天守として知られる丸岡城など観光資源が豊富なエリアです。海・山などのアウトドアを楽しみながら自然の中で暮らせる点も魅力の1つ。また、子育て支援が充実していることから若い世帯からの支持も高いようです。

 

2位:恐竜博物館がある「勝山市」

県の北東部に位置する「勝山市」。特別豪雪地帯に指定されており、県内でも雪の多いエリアです。豊かな自然に囲まれているため、環境の多様性から生物の種類が豊富で、ホタルや赤トンボも多く生息。また、国内の恐竜化石の多くは勝山市をはじめ福井県内で発見されていることでも有名で、市内には多くの恐竜モニュメントが見られます。

 

1位:県庁所在地の「福井市」

「福井市」は、県北部に位置しています。JR福井駅を中心に多くの商業施設や行政機関が集積。また、学校や美術館などが集まる文教地区でもあり、自然の多い閑静な住宅街が広がるエリアです。2024年には北陸新幹線の福井駅開業を控えており、今後さらなる利便性の向上が期待できそうです。


>5位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
茨城県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「那珂郡東海村」、1位は?
栃木県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「宇都宮市」、1位は?
兵庫県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「西宮市」、1位は?
新潟県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「新潟市中央区」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース