敵キャラが魅力的すぎる漫画ランキング! 『北斗の拳』『鬼滅の刃』を超えた1位の漫画は?

日本トレンドリサーチは、2022年7月6〜11日の期間、推し漫と共同で「敵キャラが魅力的すぎる漫画」に関するアンケートを実施。漫画好き男女400人が選んだ漫画をランキングで発表します。(画像出典:Amazon)

主人公たちの邪魔をしたりいじわるをしたりする“敵キャラ”。ですが、ストーリー読み進めていくと、魅力的に感じるキャラクターも多いですよね。日本トレンドリサーチは、2022年7月6〜11日の期間、推し漫と共同で「敵キャラが魅力的すぎる漫画」に関するアンケートを実施。漫画好き男女400人が選んだ漫画をランキングで紹介します。
 

3位:『北斗の拳』(47票)

出典元:Amazon

3位にランクインしたのは『北斗の拳』でした。『週刊少年ジャンプ』(集英社)に1983年41号〜1988年35号で連載されていた『北斗の拳』。「わが生涯に一片の悔いなし!!」など、名言が多いことでも有名な作品なので、読んだことがなくても名言だけを知っているという人もいるのではないでしょうか。

バトルシーンが多い『北斗の拳』は、キャラの濃い敵が勢ぞろい。中でも特に人気を集めた「ラオウ」は、名シーンとともに記憶に残る人も多く、「敵キャラ一人一人のストーリーがしっかり練られていて、人物に深みを持たせている」といった声が上がりました。
 

2位:『鬼滅の刃』(56票)

出典元:Amazon

2位に選ばれたのは、『鬼滅の刃』。大旋風を巻き起こした『鬼滅の刃』は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号〜2020年24号で連載。鬼と化した妹を人間に戻すために主人公やその仲間たちが敵(鬼)と戦っていくストーリーです。

そんな『鬼滅の刃』の魅力は、主人公側だけでなく、敵キャラを倒すときに描かれる過去の回想シーン。実は悲しい過去を持つ敵キャラが多く、ついつい感情移入してしまう人が多いようです。人気の敵キャラでは、「鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)」「童磨(どうま)」「猗窩座(あかざ)」などの名前が挙がり、30代以下からの支持を多く集めました。
 

1位:『ドラゴンボール』(72票)

出典元:Amazon

1位は、『週刊少年ジャンプ』にて1984年51号〜1995年25号で連載されていた『ドラゴンボール』でした。

敵キャラ無くしては語れないといっても過言ではない『ドラゴンボール』。敵であったキャラクターが仲間になり共闘するという、少年漫画の夢が詰まった作品です。特に人気が高い敵キャラとして名前が挙がったのが「フリーザ」「ベジータ」「ピッコロ」の3体。個性豊かなキャラクターが多く、どこか憎めない敵キャラがそろっているのも『ドラゴンボール』の魅力でしょう。


>10位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
800人に聞いた「好きな連載中の漫画」ランキング! 2位は『呪術廻戦』、1位は?
漫画の「名脇役」キャラクターランキング! 同率2位は「ロロノア・ゾロ」と「クリリン」、1位は?
『鬼滅の刃』の炭治郎を演じてほしい俳優ランキング! 3位「山崎賢人」、2位「佐藤健」、1位は?
『鬼滅の刃』の禰豆子を演じてほしい女優ランキング! 「永野芽郁」「浜辺美波」を抑えた圧倒的1位は?

【関連リンク】
日本トレンドリサーチ
推し漫
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは