ワークマンの「DRY(ドライ)ストレッチジュニア半袖Tシャツ」(画像は全て筆者撮影)

ワークマンはジュニアサイズの服も展開していて、親子コーデを楽しむ家族も少なくありません。でも子どもだけが使うのはもったいない! 実は大人の女性にも使って欲しいアイテムがたくさんあるのです。今回はその中の1つ、「DRY(ドライ)ストレッチジュニア半袖Tシャツ」を紹介していきます。
 

150サイズなら大人の女性でも着られる!?

柄が入っていないシンプルなデザイン

ジュニアサイズは子どもが着るものと考えがちですが、大人が使っても違和感はありません。理由はまず、シンプルなデザイン。「DRY(ドライ)ストレッチジュニア半袖Tシャツ」は柄が入っていないので年齢を問わずに使えます。胸の部分にポケットはありますが、縫い目などがないので見た目がスッキリしています。

気になる二の腕が隠れる

さらに袖が長めになっていることも、大人にあっているデザインではないでしょうか。二の腕が気になる場合には、ちゃんと隠せますね。

150cmサイズは身長身長140cm〜155cmに対応とあるけれど

タグには身長140cm〜155cmと記載されていますが、筆者は身長160cm。

身長160cmの女性着用

丈の長さも問題ではありません。お尻にかかるくらいの長さなので、スッキリ着られますよ。
 

生地は少し光沢があり、高見えする

ダークイエローの「DRY(ドライ)ストレッチジュニア半袖Tシャツ」

筆者はダークイエローとネイビーを使っています、ダークイエローは買う時に派手かなと思ったのですが、実際に使ってみると意外としっくりくる色あいでした。多少くすんでいるからです。

生地に少し張りと光沢がある

またネイビーにも言えることですが、生地に少し張りと光沢があります。選ぶ色によりますが、あまりカジュアルすぎないのもおすすめポイントです。
 

速乾性がありすぐに乾く

速乾性があり、乾きが早い

「DRY(ドライ)ストレッチジュニア半袖Tシャツ」は速乾性があるので、洗濯をしてもすぐに乾きます。夏場なら1時間程度で乾いてしまうこともありますよ。また速乾性があると雨が降っている日でも安心ですね。
 

多少汗をかいても肌に張り付くことがなく、さらっとした肌触りです。ベタベタしないのは、暑い季節には重要なポイントですね。
 

襟首が若干小さい

襟首は小さめ

着るときの注意点は、襟首が小さいこと。もともとジュニアサイズということもありますが、頭を通すときにぐいっと広げることになります。特にファンデーションをしていると襟に付いてしまいますからね。すごく脱ぎ着がしやすいわけではない点は、買う前に確認しておきたいです。
 

「DRY(ドライ)ストレッチジュニア半袖Tシャツ」は、1枚680円。もともと価格が安いのがワークマンの特長ですが、それにしても安いです。筆者も2着買ってしまいました。
 

色はダークイエロー、ネイビーの他にホワイト、ブラック、グレー、ブルー、オレンジがあります。どれも発色が良いので、どれにしようか悩みました。サイズは150cmと140cmです。またオンラインストアでは「WEB限定」とありますが、扱っている店舗もあります。筆者は「ワークマン女子」で買いました。コスパも良いですから、お子さんとおそろいで買ってみるのも良いかもしれませんね。


【おすすめ記事】
ワークマンの1500円「スリッポン」は驚くほどの軽さと履き心地! 釣りをする時にも活躍
ワークマンの980円「シックソールサンダル」が超優秀! 厚底ふわふわで履きやすい
ワークマン「キャラッテ手袋」がかわいい! 手が小さめの人でもフィットする
ワークマンの「ヨゴレニクイパンツ」はちょっぴりハイウエスト。足のラインも出づらい優秀アイテム
カルディが「決算セール」開催中! “牡蠣バター”ほか、お得な50品が勢ぞろい


【関連リンク】
ワークマン