青山学院大学(PIXTAより)

リクルート進学総研は2023年3月卒業予定の高校生5334人を対象に、志願度や知名度、イメージに関する調査を実施。大学ブランドランキング「進学ブランド力調査2022」として発表しました。調査期間は、3月31日〜4月28日です。

本記事では、関東エリア(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県)の高校生が選ぶ「志願したい大学(文系)」ランキングを紹介します。
 

第3位:立教大学(13.2%)

関東エリアの高校生が選ぶ「志願したい大学(文系)」ランキングの第3位には、2校がランクイン。1校目は「立教大学」でした。志願度は13.2%です。1874年に、設立された「立教学校」が前身。キリスト教をベースとした教育によって、国際性・多様性に富む人材を輩出してきました。

10学部を展開し、他学部の授業を履修することも可能です。キャンパスは、池袋と埼玉県新座市に立地しています。いずれも都心からアクセスしやすい場所です。サークルや、体育会の種類も充実しています。
 

第3位:明治大学(13.2%)

第3位の2校目は「明治大学」でした。志願度は13.2%です。フランス法学を教える「明治法律学校」を起源として、1881年に創設された歴史の深い大学。「権利自由」「独立自治」を建学の精神に掲げ、「個」を強くする大学として多様な人材を輩出してきました。

明治大学ならではの「前へ」という精神をもち、幅広い分野で卒業生が活躍しています。神保町・御茶ノ水駅から近い高さ約120mの「リバティタワー」をシンボルとして、4キャンパスを擁しています。
 

第2位:青山学院大学(14.9%)

第2位は「青山学院大学」でした。志願度は14.9%です。11学部を展開する、私立の総合大学。あらゆる課題を多角的に捉え、総合的な価値判断が可能な「良き市民」を育成しています。そのために「青山スタンダード」といった全学共通の教育システムを採用し、学際融合教育を進めているのが特徴です。

キャンパスは渋谷の青山キャンパスと、神奈川県の相模原キャンパスを有しています。サークル活動が盛んに行われ、箱根駅伝などのスポーツ観戦で一体感が生まれるのも魅力です。
 

第1位:早稲田大学(15.9%)

第1位は「早稲田大学」でした。志願度は15.9%です。1882年に創設された「東京専門学校」を前身とする、私立大学。「学問の独立」「学問の活用」「模範国民の造就」を建学の理念として掲げ、「私学の雄」と称されています。

高田馬場駅から徒歩でアクセスできる早稲田キャンパスを中心に、複数の拠点を展開しています。サークル活動はもちろん、学校行事や東京六大学野球などのスポーツ観戦で盛り上がれるのも魅力です。


>次ページ:20位までのランキング結果


【おすすめ記事】
関東の理系高校生が選ぶ「志願したい大学」ランキング! 3位 千葉大、2位 東京理科大、1位は?
関東の高校生が選ぶ「志願したい大学」ランキング! 2位「明治大」、1位は?【2022年】
人事担当者から見た「就職力の高い大学」ランキング! 総合2位は名古屋大学、1位は?
高校生約11.4万人が選ぶ「大学人気ランキング」 国立2位は「筑波大学」、1位は?
高校生4万人が「関心を持った大学」ランキング! 3位 法政大学、2位 明治大学、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース