ファミマの「マンゴーラッシー風パフェ」を食べてみた。6つの味がひしめき、どこから食べていいか悩む

ファミマの「マンゴーラッシー風パフェ」は、1個で6つの味が楽しめる欲張りスイーツです。早速食べてみました。

ファミリーマートの「マンゴーラッシー風パフェ」(画像は全て筆者撮影)

ファミリーマート(以下、ファミマ)から発売になった「マンゴーラッシー風パフェ」。色鮮やかなマンゴーがトッピングされていて、夏を連想させるデザートですね。しかも1個で6つの味が楽しめる欲張りスイーツでもあるので、その味に興味津々です。
 

1つのカップの中にひしめく6つの味とは?

何層にもなっているし、中に何か入っているのがわかる

「マンゴーラッシー風パフェ」は、外側から見てもなんだかいろいろと入っていそうだなと思えてきますが、この中に6つの味が隠れています。

6つの味と食感が楽しめる

上からマンゴー果肉、ホイップクリーム、マンゴーソース、ヨーグルト味のソース&ムース、マンゴーゼリー、マンゴープリンです。
 

実際の味は?

マンゴー果肉、マンゴーソース、そしてホイップクリーム

マンゴー果肉はゴロゴロとしていて、マンゴーソースは濃いめの味。ホイップクリームは甘すぎず口どけは良いです。 

白い部分がヨーグルト味のソース&ムース

ヨーグルト味のソース&ムースの部分がラッシーのような味わい。本格的なラッシーよりもヨーグルトの風味は抑えられていますが、トロッとした食感と少し弾力があるムースが特徴でしょう。

ヨーグルト味のソース&ムース部分に入っているマンゴーゼリー

そしてマンゴーゼリー。ヨーグルト味のソース&ムースと混ざっていて、一緒に食べることになります。マンゴーゼリーだけでも濃厚な味わいでおいしいのですが、ラッシー風になることで違った味わいになりますね。
 

一番下にあるのがマンゴープリン。程よい甘さと弾力があるプリンで、マンゴーの味もしてフルーティです。マンゴーゼリーとはまた違った味わいなので。ゼリーとプリンを一度に味わえるなんてなんて贅沢なんだろうと思ってしまいます。
 

個別に食べるか、全部を一緒に食べるか悩む

マンゴーソースとヨーグルト味のソース&ムースを一緒に食べる

「マンゴーラッシー風パフェ」を食べ始める前、実は食べ方で悩みました。というのも、6つの味わいがあるので、1種類ずつ、あるいは数種類ずつ食べていくのか、それともスプーンを下までグイッと入れて6つの味を全部一緒に食べるのかで味わいや食感が違ってくるからです。
 

もしマンゴーラッシーを強めに出したいならば、マンゴーとヨーグルト味のソース&ムースを食べるのがおすすめ。一方でマンゴーの風味をしっかり味わいたいならば、マンゴー果肉やマンゴーソースだけを食べるのが良いでしょう。
 

他にもマンゴーゼリー、マンゴープリンもあるので、それぞれを単体で食べることで味の違いを楽しめますね。食べ方に正解はありませんから、好みに合わせて食べ方を変えてみてくださいね。
 

ファミマの「マンゴーラッシー風パフェ」は1個278円(税込)です。1つのカップの中に6つの味と食感が詰まっているので、特に欲張りさんにおすすめですよ。


【おすすめ記事】
「チョコボール」のアイスがファミマ限定で発売! 1粒が大きくて食べごたえ抜群
ファミマの「たっぷりフルーツのしろくま」は300円以下で大満足のおいしさ!
ファミマ「ピカチュウのパインフラッペ」を実食! 発売8日で100万杯を突破した「パイン味」
ファミマ「こだわりカレー」がリニューアル! このレベルで300円以下はすごすぎる
ファミマの「U.F.O.濃い濃いモンスター焼そばパン」を食べてみた! ずっしり重くてお腹も満足


【関連リンク】
ファミリーマート

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」