ファミマの「たっぷりフルーツのしろくま」は300円以下で大満足のおいしさ! おすすめしたい4つの理由

ファミマで発売中の「たっぷりフルーツのしろくま」を実食! おすすめポイントを4つ紹介します。

ファミリーマートの「たっぷりフルーツのしろくま」(画像は全て筆者撮影)

ファミリーマート(以下、ファミマ)から、「たっぷりフルーツのしろくま」が発売になっています。「しろくま」は練乳たっぷりの氷とフルーツの組み合わせが特徴のアイスですが、ファミマの「たっぷりフルーツのしろくま」だからこそのおすすめポイントがありました!
 

おすすめポイント1:内容量が多い

「たっぷりフルーツのしろくま」は260ml

一般的なカップアイスと比較すると、ファミマの「たっぷりフルーツのしろくま」は内容量がたっぷりある印象です。例えばファミマの「北海道産練乳のいちご氷カップ」は150mlですが、ファミマの「たっぷりフルーツのしろくま」は260ml。110mlも多く入っています。もちろん値段の違いはありますが、1度にたくさんアイスを食べたいと思ったら、ファミマの「たっぷりフルーツのしろくま」がおすすめです。
 

おすすめポイント2:フルーツの種類が多い

トッピングされているのはミカン、パイン、黄桃、イチゴ、キウイフルーツ果肉ソース、小豆甘納豆の6種類

ファミマの「たっぷりフルーツのしろくま」にトッピングされているのはミカン、パイン、黄桃、イチゴ、キウイフルーツ果肉ソース、小豆甘納豆の6種類です。イチゴやミカン、パインは一般的なのですが、特に珍しいなと思ったのがキウイフルーツ果肉ソース。
 
あまり見かけない!? キウイフルーツ果肉ソース


これはファミマの「たっぷりフルーツのしろくま」の特徴の1つと言えるのではないでしょうか。冷凍のフルーツはいずれも酸味がありますが、キウイフルーツ果肉ソースは少し甘め。そして小豆甘納豆はちょっぴりかためで歯応えもありました。
 

おすすめポイント3:練乳が上がけされている

練乳の上がけ!

ファミマの「たっぷりフルーツのしろくま」にはフルーツがたっぷりトッピングされていますが、よく見ると練乳もかかっています。下の氷部分にも練乳が含まれていますが、それにプラスする形です。この練乳は酸味のあるフルーツと相性抜群。この気遣いもおすすめポイントになります。
 

おすすめポイント4:最後の最後まで練乳がおいしい!

最初から最後まで練乳を楽しめる


氷系のカップアイスの場合、練乳が下の方だけにあるなど、氷全体に混ざっていないケースも少なくありません。でもファミマの「たっぷりフルーツのしろくま」は全体的に練乳が混ざっているので、下の方を食べても練乳の味がします。最初から最後まで練乳を味わえるということです。ちなみに練乳がたっぷり入っているので、全体的に甘めのアイスです。
 

ファミマの「たっぷりフルーツのしろくま」は1個298円(税込)です。カップアイスにしてはちょっと値段が高い印象ですが、内容量が260mlありますし、練乳もたっぷり使われているので納得のお値段ではないでしょうか。暑い日が続いていますから、保冷剤を入れた保冷バッグなどを使って、溶けない工夫をして店舗に買いに行くと良さそうですよ。


【おすすめ記事】
ファミマ「ピカチュウのパインフラッペ」を実食! 発売8日で100万杯を突破した「パイン味」
ファミマの「U.F.O.濃い濃いモンスター焼そばパン」を食べてみた! ずっしり重くてお腹も満足
「コストコでおすすめのデリカ」ランキング! 2位は「ロティサリーチキン」、1位は?
スタバ新作! 夏の定番「桃のフラペチーノ」は“全身ピーチ”で丸かじりしたようなおいしさ【実食レポ】
ファミマから「クレープ」新登場! チョコ感満載の「生チョコ」と洋酒が薫る「ティラミス」どちらが好み?


【関連リンク】
ファミリーマート

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」