別れた恋人から「元気?」とLINEが来た。返信してもいい? 男性恋愛ライターが冷静に解決策を考えてみた

別れた恋人からLINEがきたら、基本的には返信してもOKです。ですが、場合によっては返信することがあなたにとってマイナスになることも。この記事では、別れた恋人からLINEがきた際にどうするべきかを解説します。


相性やタイミングなど、別れの原因はさまざま。お互いに大好きだった期間はあれど、恋人と別れてしまうことはよくあることです。

別れてしばらく経った後、「彼のことは忘れた。今を楽しく過ごそう」と思えるようになった人もいるかもしれません。ですが、もしも別れた恋人から突然LINEが来たらどうしますか? 返信をするべきか、しないべきか……。どのような行動が正解なのか、迷ってしまうのではないでしょうか。

別れた恋人からのLINEだからこそ、対応には困るもの。あなたが幸せになるための考え方を、この記事で学んでいきましょう。
 

未練がなくても「あなたの近況」を知りたくて連絡してくる男性はいる

恋人と円満に別れたのであれば、基本的にはLINEを返信しても問題ありません。普通の友人と接するように、会話を楽しみましょう。

お互いに未熟だった点を振り返るなど、別れた今だからこそ話せることもあるはず。せっかく人生のなかで特別な時間を過ごした人ですから、特別な理由がなければ無視しなくともよいでしょう。

未練がなくても「今頃どうしているんだろう?」と連絡を取る男性は多いものです。また、別れた恋人が、新しい仕事や恋人との縁を運ぶキューピットになってくれたという話もあります。これらのことからも、基本的にLINEは返信してもOKといえるでしょう。
 

少しでも気持ちが揺れるなら、自分の気持ちを“深掘り”してみよう

別れた恋人とLINEをすることで気持ちが揺れてしまいそうなのであれば、返信をするのは少し待ちましょう。気持ちが揺れる予感がするということは、あなたのなかに未完了な感情があるということ。つまり、1人でじっくり考える時間をもつ必要があります。

別れた恋人と連絡を取ることで、あなたはどんなことが起こってしまいそうだと感じていますか? またそれは、なぜそうなるのだと思いますか? それについて、どんな感情を感じますか?

例えば「連絡を取ることでまた恋人関係に戻ってしまいそう。なぜなら、彼はまだ私のことが好きだし、自分も未練があるから。そのことについて、ポジティブな感情が芽生えてこない」というように、あなたが今感じていることを深掘りしてみてください。ポジティブな感情が生まれないのは、もしかすると「同じことを繰り返してしまうかも」という予感がしているからかもしれません。気持ちが揺れてしまいそうな場合は、LINEを返信する前に、感情を深掘りしていくことが大切です。

 

「連絡を取らないとかわいそう」と感じるときほど、返信してはいけない

別れた恋人とはもう縁を切りたいのであれば、LINEの返信はしないでおきましょう。返信をすることで、相手に期待をもたせてしまいます。結果として、縁を切りたくてもなかなか切れない状態になってしまうでしょう。

もしも「連絡を取らないとかわいそう」と感じているのであれば、なおさらLINEを返信してはいけません。かわいそうという感情は、対等な人間関係では生じません。彼には私がいないとダメ……と思っているのであれば、そんな“かわいそうな彼”を作っているのは、まさにあなた自身なのです。彼には1人で幸せをつかむ強さがあると信じましょう。

前述の「気持ちが揺れてしまいそうなら」と同様に、あなた自身の感情を深掘りしてみることも大切です。内側の気持ちを見つめていけば、ネガティブな感情を発見できるはずです。LINEの返信をしないほうがよいことにも、きっと気づけるでしょう。

 

円満に別れた場合のみ、返信しても問題ない

別れた恋人からLINEがきた場合に、返信するかどうかを解説しました。基本的には返信しても問題ありませんが、それは円満に別れた場合のみ。気持ちが揺れてしまいそうだったり、縁を切りたかったりする場合には、返信はやめておきましょう。

LINEは手軽にコミュニケーションを取れるツールだからこそ、誰にどのような返信をするかを考えることは大切です。一度付き合った相手であれば、それはなおさら。紹介した内容を参考に、LINEの返事をするかどうか考えてみてください。


【おすすめ記事】
男性の「忙しくて連絡できなかった」の真意。返事が来ないときの“追いLINE”はアリ?
LINEでデートに誘ったら「また連絡するね」と言われた。これって脈なし?
ちょっとした“特別感”の演出が吉! すぐ返したくなる「モテLINE」の特徴3つ
“ネガティブで感情的”は黄信号。非モテする「残念LINE」の特徴3つ
LINEで別れを告げられた、32歳独女のプライド
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化