ブランド品のリメイクはメルカリで取引NG(画像はイメージ)

高級ブランド品を使いリメイクされた商品が、SNSなどで話題になっていました。一般的には売られていない商品ですし、デザイン性も高いのでしょう。しかし、これらの商品を販売するのは違法です。もちろんメルカリでも出品禁止物になっているので、あらためて確認が必要です。
 

ブランド品のリメイク商品はメルカリでも出品禁止

7月には、エルメスのスカーフやネクタイのリメイク品を販売した容疑者が逮捕されたとの報道もありました。エルメスのロゴや馬車が見えるようになっていて、エルメスにこんな商品があるの?と思ってしまう人もいるかもしれません。でもこれらは商標権を侵害している商品です。
 

メルカリでも今回のようなリメイク品は、「ブランド品の全部または一部を加工したリメイク品」として禁止されている出品物に指定しています。
 

ブランドのバッグやお財布、スカーフ、ジュエリーなどの一部を使ったとしても、出品禁止物に該当します。ブランドのロゴワッペンも出品禁止物です。これは他の洋服に付けて使われることが多いのですが、ブランドと関係ない洋服にロゴワッペンが付くと、まるで本物のように思えてしまうからでしょう。
 

「○○風」もNG

商品名や商品説明に「○○風」や「△△系」と書くと、それをキーワードとして探している人にアピールができます。特に価格が高い人気商品の場合、値段を安くして「○○風」として出品すれば売れやすくなることもあります。しかしこのような表記は権利侵害の恐れがあるのでNGです。
 

ブランド名はそれだけで強いキーワードになるので、メルカリの商品説明や商品名に入れたくなる気持ちは分かります。ブランド品に関してはリメイクなどはしないで、そのまま出品するのが1番良い方法でしょう。もちろん正規品でなければなりませんし、それを証明する必要もあります。メルカリではシリアルナンバーや購入時のレシートなどの情報を添えて正規品であることを証明をしつつ、出品していきましょう。



【おすすめ記事】
物価上昇はメルカリにも影響大! 今後売れそうなモノ&出品時の注意点は
メルカリで「60秒以内で売れたブランド」ランキング! 2位「EPSON」、1位は?
「PayPayフリマ」で上半期に検索されたものは? 食品、人名、アニメの人気ランキングを発表
メルカリ便の送料が値上げへ! 175円で送れるネコポスが210円になるのは心理的にもキツイ!?
PayPayフリマで初出品をするなら今! 送料最大1800円が実質0円&販売手数料無料でお得すぎ