「マドレーヌ」と「フィナンシェ」は何が違う?「違いの分かる人」になれるマドレーヌ用語

7月18日はマドレーヌの日! 海の日(7月第3月曜日)にちなんで制定されました。そこで今回は、「マドレーヌ」と「フィナンシェ」の違いなど、違いの分かる人になれるマドレーヌ用語をご紹介します。

7月18日はマドレーヌの日!


貝の形をしたマドレーヌにちなんで、海の日(7月第3月曜日)に制定されました。


今回は「マドレーヌ」と「フィナンシェ」の違いなど、違いの分かる人になれるマドレーヌ用語をご紹介します。
 

出典:いらすとや

 

「マドレーヌ」と「フィナンシェ」の違い

マドレーヌは、フランス発祥の焼き菓子。諸説ありますが、マドレーヌさんという女性が厨房にあったホタテの貝殻を型にして作ったのが最初とされています。


一方のフィナンシェも、同じくフランス発祥の焼き菓子。形や色が金塊に似ていることから、フランス語で金融家やお金持ちを意味する「フィナンシェ」という名前になったとされています。


マドレーヌとフィナンシェは、形だけではなく、材料が少し違います。


マドレーヌは全卵と溶かしバターを使うのが一般的で、ふんわりとした食感に仕上げます。一方のフィナンシェは卵白のみと焦がしバターを使うことが多く、香ばしくて軽い食感になります。

 

貝殻型のマドレーヌと昔ながらのマドレーヌの違い

マドレーヌは貝殻の形と聞いて「あれ?」と思った方もいるのではないでしょうか。貝殻型が一般的になる前は、マドレーヌといえば平たいマフィンのような菊型でした。


これは「パンドジェンヌ」というパリ発祥の焼き菓子が日本に伝わった際、マドレーヌと混同されてしまい、その型がマドレーヌの型として使われたことによるとされています。


この昔ながらの平たいマドレーヌを「パンドジェンヌ」と呼ぶ店もありますが、本場のパンドジェンヌはマドレーヌとは少し違い、アーモンドスライスやマジパンローマッセ(アーモンドパウダーと砂糖のペースト)を多く使うのが特徴です。

 

「マドレーヌ」と「マフィン」の違い

アメリカ発祥の焼き菓子「マフィン」は、イギリスの丸いパン「イングリッシュマフィン」がアメリカに伝わって誕生したとされるもの。昔ながらのマドレーヌとは形もよく似ています。


その違いは、マドレーヌは溶かしバターを使うのに対し、マフィンは常温のバターを使います。また、マドレーヌと違って牛乳を使うのも特徴です。


ちなみに、マフィンとパウンドケーキも似ていますが、パウンドケーキはイギリス発祥であり、ベーキングパウダーを使わないという違いがあります。


また、パウンドケーキは小麦粉・バター・砂糖・卵をそれぞれ1ポンド(パウンド)ずつ使って作ることから名付けられているため、そもそものレシピでは牛乳も使いません。


「違いの分かる人」になれるマドレーヌ用語。お菓子作りの参考にしてみてはいかがでしょうか。



【おすすめ記事】
「カフェオレ」と「カフェラテ」は何が違う? 「違いの分かる人」になれるコーヒー用語
「ソフトクリーム」と「アイスクリーム」は何が違う? 知っているともっと美味しくなるソフトクリーム用語
「微糖」と「低糖」どっちが甘い? 知っているようで知らない「飲料用語」
「パフェ」と「サンデー」は何が違う? 知っているともっと美味しくなる「パフェ用語」
「ゼリー」と「ジュレ」は何が違う? 知ってるようで知らない「ゼリー用語」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは