滝沢カレンの結婚報告「今までで一番の自分事~」のワードセンスが……【山田Gのシン・日本語辞典】

ネット社会にあふれる「シン・日本語」をプロライター兼コラムニストの山田ゴメスが考察するシリーズ。【vol.4】は、ときに“カレン節”とも言われる独特なワードセンスがさく裂した滝沢カレンの結婚報告について。

メッセンジャーアプリやSNSで見かける話題のネットスラングから、大人の常識には当てはめられない日本語の新たな用法、もはや「?」な若者言葉まで。ネット社会にあふれる「シン・日本語」をプロライター歴30年の山田ゴメスが考察する。
 

vol.4「今までで一番の自分事にはなりますが~」滝沢カレン


滝沢カレンが、先日、自身のInstagramで結婚発表をした際に使用された前フリの言葉。
 

用例

「皆様に今までで一番の自分事にはなりますが、ご報告です。私は、現在建築のお仕事をさせていただいている方と、この度結婚いたしました」(※滝沢カレンのInstagramより)

>実際の投稿を見る
 

類語

なし。(※唯一無二)

考察

モデル兼タレントの滝沢カレン(30)が2022年7月4日、冒頭に記した文言と、夫(※うつむき気味で顔は判別できず)とのツーショット(+愛犬3匹)写真を自身のInstagramにアップし、結婚したことを公表した。

筆者は、彼女の容姿とその独特な人生観やワードセンスがわりと好きだったので、近年続いた女性芸能人の結婚報告の中では比較的「くやち~~いっ!」「ダンナさんうらやまち~~~っ!」と軽いじだんだを踏んでしまったクチなんだけど、まあ年齢差的にも住んでいる世界的にも筆者が滝沢カレンと結婚できる確率は果てしなく0パーセントに近いので、そこらへんの複雑(?)な心中を語るのはここらへんでやめておこう。

で! 今回、この一連の投稿で私がもっとも注目したいのは、

「今までで一番の自分事にはなりますが~」

……とのくだり──先述した通りの「滝沢カレン独特のワードセンス」について、である。

文法的にこそ(かろうじて?)間違っちゃあいないが、一見日本語としては妙な違和感を覚えてしまう、耳慣れないおかしな言い回しだったりする。

ただ、よくよくと考えてみてほしい。

本来、インスタやFacebookやTwitterなどのSNSとは、「自分(の)事」すなわちプライベートを発信するためのツールではなかったのか? 従って、結婚(や離婚)や妊娠や出産ほかもろもろの報告を行うにあたって、いちいち「私事ではありますが~」なんてお断りを入れる必要もないはず……なんだが、「今までで一番の~」と「私事」を修飾することによって、この「私事」という単語をSNSの文中に挿入する意味合いが生じてくる──つまり、真の正解は「妙な違和感をおぼえる」我々側ではなく、滝沢カレン側なのだ。

「私は、現在建築の~」の「私」とダブらないよう、「私事」を「自分事」に置き換えているさりげない配慮(※←意図的なのかどうかは少々怪しかったりするが笑)も素晴らしい。滝沢カレンは、ウクライナ人の父と日本人の母を持つ。このような環境で育ってきたが故、もしかすると日本語へのアプローチは、やや他の(日本人)家庭と異なっているのかもしれない。

しかし、そういうハンディ(※「アドバンテージ」とも言える)がバックボーンにあるからこそ、逆に通常の日本人以上に日本語に対する意識が高く、大半の日本人たちがつい見逃してしまいがちである“わずかな矛盾”にも、よりいっそう敏感になれるのではないだろうか。

「現在建築のお仕事をさせていただいている方」(※正しくは「建築の仕事に就いている男性」)という、vol.3で指摘した「させていただく」の誤用あたりは、まあご愛嬌(あいきょう)として……(笑)?


>滝沢カレンの実際の投稿を見る


【おすすめ記事】
若者から大人までが誤用しまくる「~させていただく」の存在感
ぶっちぎりでキモいと評判?「おじさんLINE」頻出の語尾は「~かな?」
彼女さん、YouTuberさん…若者たちが多用する「さん付け」に違和感?
「ノーヒットノーラン」と「完全試合」は何が違う? ちょっとだけ難しい野球用語
「微糖」と「低糖」どっちが甘い? 知っているようで知らない「飲料用語」
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは