【関東版】2022年上半期テレビ出演本数ランキング! 2位 設楽統(バナナマン)を抑えた1位は?

ニホンモニターはワイヤーアクションと共同で、7月1日、2022年1~6月のテレビ番組出演者データを基にした「2022上半期タレント番組出演本数ランキング」を発表。今回は、その中から関東地区のランキングを紹介します。


ニホンモニターはワイヤーアクションと共同で、7月1日、2022年1~6月のテレビ番組出演者データを基にした「2022上半期タレント番組出演本数ランキング」を発表。今回は、その中から関東地区の番組出演本数ランキングを紹介します。

上半期で最も多い番組出演を果たしたのは一体誰なのでしょうか? さっそく結果を見ていきましょう。(※対応局はNHK総合、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビの東京地区地上波オンエア分)
 

第3位:春日俊彰(オードリー)/257番組

第3位は、お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰さん。

春日さんは『スクール革命!』(日本テレビ系)や『炎の体育会TV』(TBS系)などに出演中。冠番組『あちこちオードリー』(テレビ東京系)では、お笑い芸人をはじめとする今話題のゲストを招き、赤裸々な本音トークを繰り広げています。
 

第2位:設楽統(バナナマン)/276番組

お笑いコンビ・バナナマンの設楽統さんが第2位となりました。

『バナナマンのせっかくグルメ』(TBS系)、『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)など、複数の冠番組を持つ設楽さん。メインMCを務める情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)は、今年の4月で10週年の節目を迎えました。

ちなみに設楽さんは、2021年のランキングで年間1位を獲得。昨年に引き続き幅広い活躍を見せており、2連覇を狙える好位置についたといえるでしょう。
 

第1位:川島明(麒麟)/281番組

設楽さんを抑えて1位を獲得したのは、川島明さんでした!

川島さんは、お笑いコンビ・麒麟のボケ担当。『ウワサのお客さま』(フジテレビ系)、『サンデーPUSHスポーツ』(日本テレビ系)などに出演し、2021年3月から放送がスタートした『ラヴィット!』(TBS系)では司会を担当しています。

『ラヴィット!』は、朝の帯番組ながらニュースなし、ワイドショーなしのバラエティ番組という型破りなスタンスが人気。お茶の間に明るい朝を届けています。

ちなみに、関東地区の4位には林修さん(255番組)がランクイン。5位はお笑いコンビ・チョコレートプラネットの松尾駿さん(237番組)、6位はその相方の長田庄平さん(235番組)となりました。


>次ページ:20位までのランキング結果


【おすすめ記事】
【関西版】2022年上半期テレビ出演本数ランキング! かまいたちの2人が躍進、気になる1位は?
【好きな芸人】世間を騒がせたランキングを大検証! 1位は「ニューヨーク」ではなく……【500人調査】
高校生が今一番好きなタレント・お笑い芸人ランキング! 2位は「四千頭身」、2連覇達成の1位は?
【好きな芸人】10~20代に聞いた「今好きな芸人ランキング」 2位 サンドウィッチマン、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは