3児の母であるトリッシュ(@torish935)さんが投稿した日常の一コマが、Twitter上で多くの反響を呼んでいます。

6月23日の朝、トリッシュさんは「朝イチ発見。長女7才からのメッセージ」と添えてTwitterに1枚の写真を投稿。その写真には、娘さんが「ままーだいすきよ すきすぎるー。」と冷蔵庫に書いた文字が写っています。
 


トリッシュさんによれば「我が家は冷蔵庫に落書き自由」とのことで、娘さんからの“サプライズ”には「こんなに嬉しい一言をみつけられた朝 おはよ」とコメントし、喜びを表現しています。

この投稿には、「朝からほっこり」「心が浄化される」「みんなの心まで温めてくれる素敵なメッセージですね」「冷蔵庫をキャンバスにして、落書きOKにする発想がまず素敵!!」など、多数のコメントが寄せられました。

All About編集部ではトリッシュさんを取材し、娘さんや今回の投稿について詳しいお話を伺いました。
 

冷蔵庫の落書きはママの買い物メモから、子供たちの「大きなキャンバス」へ


――この落書きできる冷蔵庫はいつ頃から設置していて、普段はどんなことが書かれているのでしょうか?

トリッシュさん:この冷蔵庫は引っ越しを機に1年半前に新居に設置したものです。落書きをスタートしたのは5年前くらいでして、元々は古いヒタチの冷蔵庫に私が買い物メモをしていました。子供が産まれ、長女は2歳くらいから絵を描くようになり、これは大きなキャンバスになるなぁって活用し始めました。
 
(左)5年前に始めた冷蔵庫の落書き、(右)1年半ほど前に新調した冷蔵庫

 
――今回のような心温まるメッセージが書かれていたのはこれが初めてでしょうか? なにかきっかけとなる出来事はありましたか?
 
トリッシュさん:元々我が家では、普段から自分の気持ちを恥ずかしがらずに伝える関係ができています。「世界一宇宙一大好きだよー」って、眠る前なんかはほぼ毎日子供たちから言われています。それもあって、今回のメッセージには「これ!」というきっかけがあったわけではありません。 ただ、日頃から私は子供たちにも夫にも「みんな大好き ママの誇りだわ、ママは幸せだー!!」みたいな事を言葉にしています。そう言うのもきっかけの一つかと思います。

あとは、長女の小1国語教科書にある『ずーっとずっとだいすきだよ』というお話。これは長女はもちろん、私の心にも大きな影響を及ぼした一つです。命の尊さを感じるお話の中には、心優しく温かく強くなれるメッセージが含まれていて、何度聞いても胸がぎゅっとなります。コロナ禍やロシア・ウクライナ紛争、その他の悲しい事故や事件、いつ何が起こるかわからない世の中で、愛情を常に伝える大切さも親子で実感したものです。 
 
――このメッセージを見たあと、娘さんにお声がけ、お話はされましたでしょうか?

トリッシュさん:朝一番に見つけ、素直に「わぁ、なんて嬉しいことを!」と舞い上がりました。起きてきた娘に「おはよー、冷蔵庫見たよ!朝から嬉しすぎるー!これ見ると元気湧き出てくるよ」と抱きしめました。それ以降も、冷蔵庫を見るたびニッコリとする自分がいるのは本当です。その時の、娘の嬉しいような照れくさいような表情が忘れられません。
 
――今回のツイートの反響をどう感じておりますでしょうか?

トリッシュさん:ただただ嬉しいばかりでした。反応してくださった皆さんのリプには、私達親子を褒めてくれる言葉が溢れていて、励まされたのは私の方だと思っています。冷蔵庫を作っている職人の方の目にとまった事もとても感動しました。一般家庭の些細な一幕が、このように広まり嬉しかったです。


朝起きた途端にこんな愛のあるメッセージを見かけたら、憂うつな朝も一気に気分が晴れますよね。トリッシュさんのTwitterでは、この他にも家族の日常を切り取った心温まる投稿をたくさん見ることができます。ほっこりとした気持ちになれますよ。


>次ページ:トリッシュ(@torish935)さんのその他の投稿をもっと見る


【おすすめ記事】
「めっちゃ真剣に見てるわ」チラシを吟味するかわいすぎる赤ちゃん、他にも大人顔負けの行動をしていた【親御さんに取材】
「クラシルみたいに作りました」ねるねるねるねの料理動画が大反響! 作者に取材したらまさかの一発撮りだった!
「写真かと思った」「レベルが人智を超えとる」リアルすぎるニンテンドー3DSの絵に25万超のいいね! 作者に話を聞いた
「いつでも逃げていいんだよ」非常口の中のヒトが飛び出すアートが話題。着想のきっかけや込められたメッセージを取材した