『パンドラの果実』最終話 バイオテロ回避&娘奪還で納得のラストにネット喝采「美しい」「シーズン2にも期待」

6月25日に放送されたドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』(日本テレビ系)最終話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントを紹介します(画像出典:『パンドラの果実』公式サイト)。

ディーン・フジオカさん主演、怪奇事件から科学を紐解くドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』(日本テレビ系)が最終回を迎えました。6月25日に放送された最終話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントを紹介します。

 

パンドラの果実
画像出典:日本テレビ『パンドラの果実』公式サイト

 

最終話のおさらい

娘の星来(鈴木凛子)と最上博士(岸井ゆきの)を救うため、榊原(加藤雅也)の研究所を目指す小比類巻(ディーン・フジオカ)。西城(平山祐介)を尾行してとある島にある研究所に辿り着き、出てきた研究員を襲いカードキーを手に入れ施設内へ潜入します。
 

最上は星来の身をもたせるために榊原の元へ連れてこられていました。榊原はエルマー遺伝子を持つ星来の体を宿主として、プロメテウス・ウイルスとインフルエンザ・ウイルスを掛け合わせ、最強最悪のウイルスを作り出そうとしていました。
 

小比類巻は長谷部(ユースケ・サンタマリア)らに電話して状況を伝えます。何らかのテロ行為を計画しているという小比類巻からの情報を受け、警察はバイオテロ班も出動。そんな中、最上は自力で逃げ出し、あわやピンチのところを小比類巻に助けられます。2人は星来の元へ急ぎ、そこで榊原と対峙しました。
 

一方、捜査を続ける警察は、西城らが荷物を運ぶ姿を監視カメラの映像で確認。長谷部の元に厚労省の三枝(佐藤隆太)から情報が入り、西城らの目的地はカール・カーン(安藤政信)が代表を務める「ボディハッカージャパン」の創立20周年パーティーだと判明します。三枝はすでに会場におり、長谷部らも現地へ急ぎます。
 

カーンによるスピーチが終わると、西城らがドリンクを運んでやってきました。すると榊原から不老不死研究でのスピーチ映像が流れだします。キーワードは「進化」だという榊原。一方、小比類巻と最上は星来のそばで榊原から直に話を聞いていました。
 

人類は絶滅の危機に際して進化を遂げる。むしろ進化のためには絶滅の危機が必要。それが「最後の審判」計画でした。新型プロメテウス・ウイルスをばら撒くことで、一部の人間はウイルスに適応し、不老不死となって生き延びるだろうと榊原。父が「悪魔の子事件」を起こしたのが、生まれつきウイルスに弱い自分のためだと知り、研究を引き継いだと語ります。
 

会場についた長谷部らは来場客を避難させ、ステージ裏で新型プロメテウス・ウイルスを搭載した爆弾を発見。すんでのところで発動を回避しました。一方、榊原は「私が裁きを受ける最初の人間になろう」と自らにウイルスを打つも、しばらくして吐血します。「やはり私は選ばれなかったか」――。そこへ警察が突入し、小比類巻は無事、星来を取り戻すのでした。
 

榊原の死を聞いたカーンは、「私たちは今日、人類の新たな未来を掴み損ねたのかもしれない」と呟きます。ウイルスの漏洩はなく研究員は全員逮捕。星来は病院での検査の結果、免疫機能が普通に戻り、エルマー遺伝子も消えてごく普通の女の子になったことが分かります。
 

平穏な日常を取り戻した小比類巻は、妻・亜美(本仮屋ユイカ)の冷凍遺体に語りかけながら、星来の6歳のバースデーカードを書きます。誕生日会には長谷部と三枝も駆けつけ、にぎやかなひと時が流れました。科学の進化を信じ続ける小比類巻は、最上にも「いい加減、科学を信じてると認めたら」と言います。最上はにわかに肯定しつつ「ずっとじゃなかった」と思いを馳せ、小比類巻に礼を述べるのでした。

 

パンドラの果実
画像出典:日本テレビ『パンドラの果実』公式サイト

 

視聴者納得のハッピーエンドに感動の声続出

人類絶滅の危機を起こそうとする「最後の審判」計画は無事回避。星来の命も助かり、穏やかなエンディングを迎えました。
 

Twitterでは「テラスでのラストシーンとてもよかった。愉快な仲間たちが出会ってから今に至るまで絆を強めたからこその集まり、平和な光景で本当によかった。最後のBGMも滅茶苦茶好き。美しいシーズンラスト」「プロメテウスウイルスの事件の後、長谷部さんと三枝さんは居酒屋でお疲れ様会をしたと思ってるー。長谷部さんと三枝さんのバディもよかったな」「最終回はホントにどうなるのかヒヤヒヤしたし恐怖を感じたけど、最後は無事に星来ちゃんも帰ってきて幸せな家族を取り戻せたね‼️科学って凄いことだけど怖さを教えられた」「ディーンさんのバリバリアクションめちゃくちゃかっこよかった」「"希望"とは未来に望みをかける事。コッヒーも星来ちゃんもママが目を覚ます事を信じている。科学の未来を信じる事…私にとっても生きる希望になりました」など、納得のハッピーエンドに感動の声が続出しています。
 

また、「最高におもしろかった!でも、西條たちは行方をくらました....このSeason1は、序章に過ぎなかった...かもしれない」「シーズン2も楽しみ」など、Huluで独占配信中のシーズン2に期待の声が寄せられています。
 

『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』第10話(最終回) スペシャル予告

 

【バックナンバー】
『パンドラの果実』第9話 おディーン様の壮絶アクション&怒涛の展開にネット興奮「心臓が痛い」「息するの忘れる」
『パンドラの果実』第8話 衝撃の展開にネット騒然「息が止まりそう」「面白くなってきた」
『パンドラの果実』第7話 最先端ナノマシン殺人の動機と自白理由に「切ない」「泣ける」の声
『パンドラの果実』第6話 心霊現象を科学で解明! リアル幽霊に悲鳴「そこに“いる”描写秀逸すぎ」「鳥肌ゾワっ」
『パンドラの果実』第5話 科学の闇に踏み込んだ最上博士の過去に「怖いし切ない」「不老不死には代償が伴う」の声
『パンドラの果実』第4話 亡き妻を振り切りVRから現実へ戻るコッヒーに視聴者嗚咽「切ない」「考えさせられる」
『パンドラの果実』第3話 死者の蘇生は是か非か「気持ちわかる」「切ない」亡き妻を思う姿に視聴者感泣
『パンドラの果実』第2話 ディーン×岸井ゆきの+ユースケのキャラクターバランスが絶妙
『パンドラの果実』第1話 科学の進歩は光か闇か? おディーン様×岸井ゆきのが事件から科学をひも解く

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?