ディーン・フジオカさんが主演し、事件から科学の謎を紐解くドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』(日本テレビ系)。5月14日に放送された第4話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

パンドラの果実
画像出典:日本テレビ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』公式サイト

 

第4話のおさらい

あまりにも突発的で不可解な飛び降り自殺が続発し、小比類巻(ディーン・フジオカ)と長谷部(ユースケ・サンタマリア)は捜査を開始します。自殺者は皆「ジョイン」というVRゲームのプレーヤーだったことが判明。ジョインは自分が選んだバディとVR空間内で遊ぶゲームで、バディにしたい相手の写真や動画を取り込むと3Dのアバターが作れる仕組みです。
 

非常にクオリティが高く多額の開発費がつぎ込まれていると考える小比類巻。亡き妻・亜美(本仮屋ユイカ)の死を受け入れられず冷凍保存している小比類巻は、死者と会話できる最新技術に科学の光を見出します。亜美をバディに登録しジョインのVR空間に入る小比類巻を、最上博士(岸井ゆきの)が止めに入ります。妻の遺体を冷凍保存しているという秘密にも触れ、「あなたはどこで生きてるの?」と問う最上。彼女はVR空間と現実の混同を危険視していました。
 

匿名化されている開発者を特定するため、小比類巻は自らが囮となってハッキングすることに。最上と長谷部が見守る中、ジョインに入った小比類巻は、亜美のいるVR空間に没入。しかし、空に浮かんだ数字が点滅している間に屋上から飛び降りるという裏技の存在を知り、連続飛び降り自殺発生のトリガーに辿り着きます。一方、最上はログイン情報から開発者を特定しました。
 

開発者は隆という小学生の男の子でした。彼は転落事故で全身麻痺になり、ボディハッカージャパン製のブレイン・マシーン・インターフェイスをつけてジョインを完成。その後に亡くなっていました。隆くんの意識がゲーム内にまだ存在している――そう考えた小比類巻は、ボディハッカージャパン代表のカール・カーン(安藤政信)を訪ね、ジョイン誕生の真相と隆に自殺誘発の意図がなかったことを知ります。
 

プレーヤーを死にいざなう危険なゲームは閉鎖されることに。小比類巻は「隆くんに説明する」と言って、最上とともにジョインのVR空間へ入ります。自分が忘れられることを恐れていた隆は、小比類巻と最上に「忘れないよ」と諭され、「ありがとう」と言い残して消えていきました。
 

小比類巻はカーンから、隆がゲーム内に存在していたのは父母が代わりにログインしていたからだと聞かされます。最上はそれを知りながら、隆がゲーム内で生きていると信じる小比類巻を気遣い黙っていたのです。小比類巻は思いやりを向けてくれた最上に感謝を伝えるのでした。

 

パンドラの果実
画像出典:日本テレビ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』公式サイト

 

VRで亡くなった大切な人と会えるとしたら……

事件の真相は、亡くなった大切な人に会いたい気持ちが、VR空間と現実の錯覚を起こし飛び降り自殺に結びついてしまうという切ないものでした。「あなたはどこで生きているの?」という最上博士の言葉が、亜美と過ごせるVR空間から現実へ戻る決意を、小比類巻に与えたように見えました。
 

Twitterでは「ドラマを見てから寝ようと思ったんだけど、考え込んじゃって寝られないですね。切ないなぁ」「コッヒーの心の揺れが繊細に描かれてて、泣けました」「コッヒーはよく亜美さんに会わずに思いとどまりましたね(涙)黙って隣りにいてくれた、博士の優しさが身に染みたんでしょう。だから亜美さんに会わず、現実世界に引き返す勇気を貰えたのだと思いました」など、小比類巻の心の機微に寄り添う声が続出しています。
 

5月21日放送の第5話では、最上と会うはずだったサイエンスライター・速水(栗山千明)が急死。死因は老衰と診断されるも、彼女はまだ35歳。速水は元ウイルス研究者で、かつて最上と共同研究をしていた女性です。事件を通して、科学の進化を“闇”ととらえる最上の過去もついに明かされるのでしょうか。期待です。
 

『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』第5話 5月21日放送予告



【おすすめ記事】
「2022年春ドラマ期待度」ランキング! 3位『17才の帝国』、2位『元彼の遺言状』、1位は?
初回がおもしろかった春ドラマランキング! 2位『正直不動産』を抑えた1位は?
『パンドラの果実』第3話 死者の蘇生は是か非か「気持ちわかる」「切ない」亡き妻を思う姿に視聴者感泣
『パンドラの果実』第2話 ディーン×岸井ゆきの+ユースケのキャラクターバランスが絶妙
『パンドラの果実』第1話 科学の進歩は光か闇か? おディーン様×岸井ゆきのが事件から科学をひも解く