ディーン・フジオカさん主演で怪事件から科学を紐解くドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』(日本テレビ系)。6月18日に放送された第9話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに最終回の見どころを紹介します。

 

パンドラの果実
画像出典:日本テレビ『パンドラの果実』公式サイト

 

第9話のおさらい

ウイルス研究者の榊原(加藤雅也)に愛娘・星来(鈴木凛子)を連れ去られた小比類巻(ディーン・フジオカ)は単独行動に走り、暴走し始めます。警務部の監察官らに行方を問い詰められた長谷部(ユースケ・サンタマリア)は、小比類巻が気がかりでなりません。
 

そんな中、長谷部のもとに小比類巻から連絡が入ります。小比類巻は、榊原に手を貸す元刑事・西城(平山祐介)に情報を流している内通者が警察内部にいると指摘。長谷部は捜査一課の梶原(佐々木一平)だと気づきます。小比類巻は梶原を追い、西城の手下・鶴本(青木健)と接触する現場に遭遇します。
 

一方、最上(岸井ゆきの)は、プロメテウス・ウイルスの変異株を無力化する方法を模索していました。星来が感染させられた場合、数時間で死に至る可能性が高く、「このウイルスの後始末は私がやらなきゃ」と全力で取り組みます。そこへ榊原からの使者がやってきてさらわれてしまいます。
 

目隠しのための覆面を脱がされた最上の眼前には1台のモニターがありました。モニターには榊原と手術台に寝かされた星来の姿。最上にプロメテウス・ウイルスが星来に適合するよう力を貸すよう迫る榊原。最上は、理論上はナノマシンを使えば可能だが研究に時間がかかると言います。榊原は「時間稼ぎをさせるつもりはない」と告げ、星来へプロメテウス・ウイルスを投与しました。
 

西城を追い詰めてその場に辿り着き、隠れて様子を見ていた小比類巻は、拘束から脱した西城に襲われてしまいます。小比類巻は激しい乱闘の末、西城をダウンさせるも、ヘリコプターで連れ去られていく最上を見ながら力尽きてしまいました。
 

長谷部が捜査員らを連れてその場に駆け付けると、小比類巻から連絡が入ります。状況を説明しまた連絡すると通話を切った小比類巻は、満身創痍の中、再び単独で最上たちを追います。最上が連れて行かれた先は、榊原のラボでした。そこには手術台の上で苦しむ星来の姿があり――。

 

パンドラの果実
画像出典:日本テレビ『パンドラの果実』公式サイト

 

ディーン・フジオカの壮絶アクションに称賛の声

第9話では小比類巻(ディーン・フジオカ)と西城(平山祐介)による激しいアクションシーンも見応えがあり、怒涛の展開に視聴者から興奮の声が上がりました。
 

Twitterでは「見ていてこぶし握って歯食いしばっていたわ。今も動悸が激しくて眠れそうにありません」「ハラハラして心臓に悪い(汗)榊原の目的とカール・カーンの目的が釈然としない。次週が待ちきれない」「今日のコッヒーのアクションカッコよかったー!」「息をするの忘れそうな展開。最終回がどうか救われる回になりますように」「パンドラってこんなに性癖に刺さるドラマだったんですね、ストーリーもそうだけど色んな意味で心臓が痛いです」「ストーリーもアクションも最高!どうやって最後の審判を下そうとしてるのか、それをどうやって止めるのか、気になる〜」などの声が上がっています。
 

「最後の審判」計画をほのめかす榊原。不老不死の研究だけが目的ではなく、事態はバイオテロとの戦いへ向かってしまう様子。果たして無事、星来を救うことはできるのでしょうか。さらに壮大さを増す物語の結末から目が離せません。
 

『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』第10話(最終回) 6月25日放送予告

 

【バックナンバー】
『パンドラの果実』第8話 衝撃の展開にネット騒然「息が止まりそう」「面白くなってきた」
『パンドラの果実』第7話 最先端ナノマシン殺人の動機と自白理由に「切ない」「泣ける」の声
『パンドラの果実』第6話 心霊現象を科学で解明! リアル幽霊に悲鳴「そこに“いる”描写秀逸すぎ」「鳥肌ゾワっ」
『パンドラの果実』第5話 科学の闇に踏み込んだ最上博士の過去に「怖いし切ない」「不老不死には代償が伴う」の声
『パンドラの果実』第4話 亡き妻を振り切りVRから現実へ戻るコッヒーに視聴者嗚咽「切ない」「考えさせられる」
『パンドラの果実』第3話 死者の蘇生は是か非か「気持ちわかる」「切ない」亡き妻を思う姿に視聴者感泣
『パンドラの果実』第2話 ディーン×岸井ゆきの+ユースケのキャラクターバランスが絶妙
『パンドラの果実』第1話 科学の進歩は光か闇か? おディーン様×岸井ゆきのが事件から科学をひも解く