国土交通省は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開催を記念し、特別仕様のナンバープレートを全国の希望者へ交付することを決定しました。

特別仕様ナンバープレートは、多くの人に大阪・関西万博を身近に感じてもらい、開催機運の醸成を図ることが目的です。

購入時だけでなく、所有している車も番号はそのままで特別仕様ナンバープレートに交換できます。
 

事前申し込み・交付開始の予定時期

交付は、2022年秋から2025年までの期間限定。スケジュールの詳細は、2022年8月中に公表される予定です。

事前申し込み・交付開始の予定時期
  • 事前申し込み:2022年9月下旬ごろ
  • 交付開始日:2022年10月下旬ごろ
 

料金は2022年9月下旬ごろに公表予定

料金は、2022年9月下旬ごろに公表される予定となっています。過去の特別仕様ナンバープレートの料金は、以下の通りです。

過去の特別仕様ナンバープレートの料金(寄付金無し)
  • ラグビーワールドカップ:7080円~9200円
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会:7300円~9500円
 

記念品として保存できる

希望者は、特別仕様ナンバープレートの使用終了後に不正使用防止のための穴を開けた上で、記念品として保存できます。

1000円以上の寄付をすると、フルカラー版を選択可能です。寄付金は、大阪・関西万博の開催に関連した交通サービスの充実などに充てられます。寄付金無しの場合は、モノトーン版。事業用は緑色の縁取りが、軽自動車には黄色の縁取りが付きます。


【おすすめ記事】
「もっとTokyo」6月10日からスタート! 1泊最大5000円割引を受けるための注意点まとめ
大阪府民が選ぶ「住みたい街(駅)」ランキング! 3位「西宮北口駅」 2位「天王寺駅エリア」、1位は?
2022年の「夏ボーナス」平均はいくら? 民間や上場企業の平均、業種別の予想を調べてみた
「ヤクルト1000」が超品薄! メルカリで5000円超の転売も、そもそも出品禁止物では?
「毎日かあさん」西原理恵子さんの娘による”毒親告発”で、日本の子育てSNS界隈が凍りついた件

【関連リンク】
プレスリリース