えなこ、JKミニスカ制服姿で太ももあらわに!「違和感全然ない」「妹みたい」

大人気コスプレイヤーのえなこさんが6月10日、自身のInstagramを更新。女子高生風のミニスカ制服姿を披露し、反響を呼んでいます。

大人気コスプレイヤーのえなこさんが6月10日、自身のInstagramを更新。女子高生風のミニスカ制服姿を披露しました。
 

「普通にまだ現役でいけそうな雰囲気すごっ」


えなこさんは「ただいま~」とつづり、ソファに座りながらカメラにピースサインを送っています。白いシャツにベストを合わせ、チェックのミニスカートからはキレイな太ももが大胆に露出。可愛いかつセクシーな雰囲気を漂わせています。
 

コメント欄では、えなこさんのコメントに対して「おかえり」と反応するフォロワーが多数見受けられたほか、「反則」「妹みたい」「違和感全然ないね」「普通にまだ現役でいけそうな雰囲気すごっ」などの声も上がりました。
 

えなこさんは、中学2年生からコスプレを開始したプロのコスプレイヤー。現在はグラビアアイドルやタレント、声優など多岐にわたって活躍中で、10日に更新した別の投稿では、自身とファッションセンター『しまむら』の限定コラボ商品を紹介。今回はえなこさんがプロデュースしたプリントTシャツやレースを使用したショーツなどが販売されますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。


>次ページ:えなこさんの投稿をもっと見る
 


【おすすめ記事】
「浴衣の中身は……」えなこ、超セクシーな浴衣ショットにファン大興奮「けっ、けしからん」
えなこ、ナイトブラ着用で胸元&くびれあわらに! 「めちゃめちゃSexy」「ブラジャーになりたい」
えなこ、透け透けのランジェリー姿披露! 「エロっぽくて可愛い~」「きゃ~めちゃくちゃ激可愛すぎる~」
えなこ、青空バックの爽やかな水着ショット「ドキドキする」「どのえなこちゃんも全部好き」
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始