クラスメイトの「全然勉強してない」に裏切られたことある? だまされたと感じるのは何点から!? 【500人調査】

テスト前の恒例ともいえる、クラスメイトの「全然勉強してない」。この言葉に“裏切られた”と感じたことがある人も多いのではないでしょうか? 全国の10~60代500人に、高校時代に経験した、友人の「全然勉強してない」に裏切られたエピソードを聞きました。


All About編集部では、全国の10~60代の男女500人を対象に「高校時代のテスト勉強」についての独自アンケート調査を実施しました(調査期間:2022年5月12~15日)。テスト前の恒例ともいえる、クラスメイトの「全然勉強してない」。この言葉に“裏切られた”と感じたことがある人も多いのではないでしょうか? 実際のエピソードを聞きました。
 

約半数が、クラスメイトの「全然勉強してない」に裏切られた経験あり!

テスト前恒例の「やばい、全然勉強してない」「私も、全然勉強してない」というやり取り。経験したことはありますか?
 
クラスメイトの「全然勉強してない」に裏切られた経験はありますか?

今回の調査では、回答者の約半数である47%の人が、クラスメイトが言う「全然勉強してない」に裏切られた経験が「ある」と回答しました。

では、具体的にどんな裏切りにあったのか、寄せられたエピソードを紹介します。
 

「全然勉強してない」が“裏切りの言葉”に変わるのは、何点から?

「全然勉強してないと言いながらクラス5位を取るような友人でした(18歳男性)」「いつも全然勉強してないとニコニコ笑っていた子がオール5を取っていた(21歳女性)」「あまり勉強していないと言っていた友人が100点をとっていました(34歳男性)」「『全然勉強してない』と言いまくっていた友人、最終的には早稲田大学の推薦合格してました(49歳未回答)」など、「してないわけないだろ!」とツッコみたくなるようなエピソードでした。

では、「裏切ったな」と思うボーダーラインはあるのでしょうか? 「勉強していないと言っていたのに80点以上取っていた時(28歳男性)」「俺全然してないって言ったにも関わらず80点くらい毎回取る人(39歳男性)」「してない割には80点以上をとっていた(24歳女性)」「全然勉強してないって言って80点以上取るやつばっかり(26歳男性)」など、「全然勉強してない」と言っておきながら、80点を超えると“だましたな”と思われるケースが多いようです。
 

「家庭教師」に「目の下にクマ」“努力”が隠しきれていない人たち

「家庭教師をつけてもらって2週間前からがっつり勉強していたことを後で知った(46歳女性)」「全然勉強していないよーといいつつも、テスト勉強用の分厚いノートを持って先生に質問に行っていた(39歳女性)」「ガリ勉タイプの成績優秀の同級生に、試験前に勉強を教えてもらうことになった。他の友人数名で勉強会をしたところ、そのガリ勉同級生は、『分からない』『難しい』とか言ってまったく教えてくれなかった。『勉強してない』というのは、まったくの嘘で、そのガリ勉は、1番の点数を取っていた(63歳女性)」など、隠してここまでやるか? というエピソードも。

中には、「同じグループだった子が、目の下にクマを作りながら『全然勉強してないよ?』とバレバレの嘘をついて、案の定、学年10位以内に入ってた時は、裏切られた感を通り越して、『うん。知ってた』と心の中で突っ込みました(43歳女性)」「勉強してないよーって言っている奴の目の下に濃いクマが出来ていた(39歳女性)」など、ツッコまずに見守る周りの優しさを感じるエピソードもありました。
 

友人タイプ別「全然勉強してない」! テスト後開き直りタイプも

友人のタイプによっても、さまざまな裏切りがあるようです。「友人と話していて、俺、やってないと言っていたのに結局全て70点台キープ。やってんじゃんって言ったら当たり前だろって言われました(52歳男性)」「同じ勉強嫌いだと思っていた友達がテスト勉なんかやらねーよといっていたのに点数がよく、聞いたら少しはやったよなどと言ってた(24歳男性)」など、こちらはテスト後に開き直るタイプの友人。

また、「この教科はお前に負けたわ、といわれていたにもかかわらず、いやいやがっつりやってるよねっていう点数を取られて負けたことがあった、たぶん古典(45歳男性)」「全く勉強してないから赤点だわとか言っていた子が90点代をとっていて裏切られたと思った(22歳女性)」など、余計なひと言でさらに裏切りを深めるタイプの友人も。
 

素直に勉強しないで散々な結果に……悟りを得た人も

「テスト前に友達の『全然勉強していない』を鵜呑みにしてしまい、私も全く勉強しませんでした。テストが終わって答案用紙を返してもらったら私は50点で友達は95点でした(44歳女性)」「勉強しないよーと言われたから安心して本当に何もしなかったら、周りはしっかりやっていて自分だけ点数が悪かった(30歳女性)」など、友人の言葉を素直に信じて、勉強しなかったという人も。

「勉強全然してないは大体勉強してると思うようにしていました(25歳女性)」「頭のいい人の『全然勉強してない』は嘘。そうでない人の『全然勉強してない』は本当に勉強してない(34歳女性)」「友達に全然勉強してないと言われ、その子が学年トップで、世の中には謙遜と裏切りがあることを知りました(37歳女性)」など、ついに「全然勉強してない」の言葉について、悟りを得た人たちも多いようです。
 

「全然勉強してない」は、もはや“試験前の風物詩”に?

一方、クラスメイトが言う「全然勉強してない」に裏切られた経験が「ない」と回答した人からは、「全然勉強してないと言う子が友達でいたんですが、本当に赤点ギリギリでした(33歳女性)」「勉強していないと言ったら本当に勉強していない友人しかいなかった(35歳男性)」「勉強していないという子は本当に成績が悪かったです(49歳女性)」など、「本当にしてなかったんだね……」と納得の結果だった、という声が多く寄せられました。

また、「幼いころから両親に『勉強していない』という子に限って人一倍努力しているから騙されるなと言われていたため(29歳女性)」など、親から教訓として教わっていた人や「全然勉強していない~というやりとりを聞くと、ああ試験だなあと感じていました(37歳女性)」など、もはや「全然勉強してない」のやり取りは、“試験前の風物詩”なのかもしれませんね。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
高校時代、テスト勉強に最も時間をかけた科目ランキング! 3位「日本史」を抑えたTOP2は?
高校時代、テスト勉強に最も“時間をかけなかった”科目ランキング! 「保健体育」を抑えた主要5教科のTOP2は?
「世界史や日本史」には有効だった!? テスト勉強の「一夜漬け」の成功&失敗エピソード【500人調査】
「回答用紙によだれ」「名前を書き忘れて0点」 500人に聞いた、高校生時代のテスト失敗談【黒歴史】
「ディズニー映画を見ながら」「歴史は“歌”を作る」500人に聞いた“驚き”の学生時代のテスト勉強方法
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」