ワークマンの「リラックスワンピース」はゆったりサイズで着心地抜群! 色によっては透け感に注意

ワークマンの「ハイストレッチUVリラックスワンピース」は、夏向けにおすすめのワンピースです。実際に着てみた感想をレポートします!

ワークマンの「ハイストレッチUVリラックスワンピース」(画像は全て筆者撮影)


ワークマンが、夏物を続々と発売しています。女性向けのワンピースも何種類があり「ハイストレッチUVリラックスワンピース」もその1つ。実際に着てみた感想をレポートします!
 

ゆったりサイズで動きやすい

ゆったりしたデザインで、体のラインを拾わない

「ハイストレッチUVリラックスワンピース」は全体的にゆったりとしていて、体のラインに沿うようなデザインではありません。「リラックスワンピース」というくらいですから、部屋着という印象が強いです。
 
ウエストがゆったりで妊婦さんでも使えそう


ウエスト部分に締め付けがないので、妊婦さんでも使えそうですね。
 

生地はサラッとしている

生地はサラッとしている

生地はポリエステル90%、ポリウレタン10%で、サラッとしています。肌にまとわりつく感じは無く、汗をかく時期でも快適に使えそうです。洗濯をしても乾きが早かったです。
 

梅雨時季は洗濯物が乾きにくくなって、悩みのタネになることもありますよね。そのようなときも、比較的スピーディに乾く「ハイストレッチUVリラックスワンピース」は活躍しそうです。
 

ウエストはゴムで調整可能

ウエストはゴムで調整ができます。腰部分に調節ができるスピンドルが付いているので、絞り込むことでウエスト部分が細くなります。
 
「ハイストレッチUVリラックスワンピース」を着たままでもウエストの調整は可能

着用した状態でもスピンドルは調整ができますよ。
 
ウエストを絞るとすっきりと見える

ウエストを絞り込むと体にフィットするようなシルエットになり、すっきり見えます。
 

肩のボタンが固い!

肩のボタンがかたくて外すのに手間取るかも

着るときには肩部分のボタンを外して頭を通すのですが、このボタンがかなり固いです。個体差はあると思いますが、念のため注意事項としてお伝えしておきます。
 

アイボリーは透け感に注意

アイボリーは透け感あり


筆者が購入したのは、アイボリーという色です。オフホワイトのような色合いで、爽やかな感じがすると思って選びました。ただ実際に使ってみると、思ったよりも透け感がありました。写真は黒のスパッツをはいた状態ですが、黒い色が浮かび上がっています。また生地が二重になっているポケット部分もくっきり。夏になってスパッツをはかなくなるようならば、ペチコートなどが必要になると思います。
 

このような透け感が気になるならば、アイボリー以外を選ぶのも手。他にグレー、ブラック、カーキ、ネイビー、ブラウンがあります。濃い色であればインナーも透けないのではないでしょうか。可能ならば試着をして確認すると安心ですね。
 

「ハイストレッチUVリラックスワンピース」は1着1780円。さらっとした生地で夏場でも涼く着られそうです。お気に入りの色を見つけて、ぜひ使ってみてくださいね。



【おすすめ記事】
ワークマンの1900円「ジョブラックパンツ」は黒が色あせしにくい優秀アイテム!
ワークマンの「シェルジャケット」は梅雨時季に大活躍! 肌寒さ、小雨対策に最適
ワークマンの「防水デイバッグ」は普段使いにもおすすめ! お値段以上に高機能
ワークマン「撥水ライトマウンテンパーカーレイン」はオールシーズン着られる一着
ワークマンの工具入れは一家に1つあると便利! 掃除やキャンプ用品入れにもおすすめ


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」