Netflix独占配信「韓国ドラマ」の好きな作品ランキング! 3位『イカゲーム』を抑えたTOP2は?

All About編集部が全国144人を対象に実施した「Netflix独占配信の韓国ドラマ&韓国人俳優」に関する独自アンケート調査結果から、Netflix独占配信「韓国ドラマ」の好きな作品ランキングを発表します!


ラブコメ、サスペンス、SFまで、さまざまなジャンルの作品で話題のNetflix。中でも独占配信の韓国ドラマは人気を集めています。そこでAll About編集部は、全国144人を対象に「Netflix独占配信の韓国ドラマ&韓国人俳優」に関する独自アンケート調査を実施しました(調査期間:2022年4月4〜15日)。今回は、調査結果から「Netflix独占配信の韓国ドラマの好きな作品ランキング」を発表します!
 

第3位:『イカゲーム』


シーズン2の制作も決定している、過酷なサバイバルゲームを描いたドラマ『イカゲーム』。回答者からは、「イカゲームは、デスゲーム系最高でした(26歳女性)」「ハラハラする展開だから(27歳男性)」「ストーリーの続きが気になって、どんどん見てしまった(42歳女性)」など、負ければ“死”が待っているというドキドキの展開に目が離せなくなった、という声が多く寄せられました。

さらに、「まるでカイジのように人生大逆転劇。黒幕がわかった時の驚き。そして人間の欲深さを描いた面白い作品(19歳女性)」「展開が予測できなかったけどあとで考えたら伏線だったなと演出がうまかった(42歳女性)」「ドラマの展開も面白いけれど、ゲームの会場、寝泊まりする部屋、施設内などの設定も凝っていて面白かった(52歳男性)」などのコメントも寄せられました。
 

第2位:『梨泰院(イテウォン)クラス』


「イテウォンクラスから韓国ドラマハマった(26歳男性)」「Netflixに加入したきっかけは梨泰院クラスが見たかったからです。そこからいろんな韓ドラを見るようになりました(45歳女性)」など、この作品がきっかけで韓国ドラマを好きになった人も多い『梨泰院(イテウォン)クラス』が2位。

回答者からは、「主人公が辛かったり厳しい境遇でも決して諦めずに一歩ずつ敵に近づいていくところが面白いです。孤独に思えた主人公に信頼できる仲間ができたのも良かったです(30歳女性)」「逆境から立ち上がるドラマだから(32歳男性)」「理想な友情、経営、まっすぐに立ち向かう姿がおもしろかったです(24歳女性)」などの声が集まりました。

また、「お互いの気持ちが分からずすれ違うけど最終的に結ばれる恋愛ドラマが好き(25歳女性)」「片思いの恋が実りそうで実らない切実さがおもしろかった(29歳女性)」「主人公のセロイがまっすぐで一途なところと主演のパク・ソジュンの演技に引き込まれて一気見するほど好きなドラマです(53歳女性)」など、主人公パク・セロイの恋愛模様が見ていて楽しかった、とのコメントも多く寄せられました。
 

第1位:『愛の不時着』


「自分がヒロインにでもなったかのように、ドキドキしたりハラハラしたりと疑似恋愛を体験できた(36歳女性)」「韓流の硬派な恋愛ストーリーに萌えた(28歳未回答)」「愛が深すぎて泣ける(40歳女性)」「アクションと、ラブシーンが絶妙(26歳女性)」などのコメントが多く寄せられた『愛の不時着』が1位を獲得。主人公のリ・ジョンヒョクを演じたヒョンビンとヒロインのユン・セリを演じたソン・イェジンとの結婚も世間をにぎわせました。

さらに、「世界史や近現代史、朝鮮半島内の状況といったシリアスな内容とドキドキの恋愛が一度に見れて面白い(28歳女性)」「タイトルから気になり試聴。謎が多い北朝鮮の街並みや環境が知れて、国境を超えて愛が深まっていく描写がよかった(29歳女性)」「北朝鮮の様子が知れてすごく面白かったです(34歳女性)」「北朝鮮の言葉を聞く機会が少ない中、韓国語との違い等も表現されていて斬新で面白かったです(31歳女性)」など、普段目にすることのない北朝鮮の様子を見ることができて興味深かった、という声も多く寄せられました。


>19位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
Netflix独占配信「韓国ドラマ」出演の好きな男性俳優ランキング! 2位「ヒョンビン」を抑えた1位は?
Netflix独占配信「韓国ドラマ」出演の好きな女性俳優ランキング! 2位「パク・シネ」を抑えた1位は?
Netflix独占配信韓国ドラマ出演の「演技がうまい」男性俳優ランキング! 2位「パク・ソジュン」、1位は?
Netflix独占配信韓国ドラマ出演の「演技がうまい」女性俳優ランキング! 2位「キム・ダミ」、1位は?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」