『未来への10カウント』第5話 キムタク乱闘シーンが見応え抜群! テンポ良いセリフの応酬にも称賛殺到

5月12日に放送されたドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)第5話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。

木村拓哉主演のスポーツ青春ドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)。5月12日に放送された第5話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

未来への10カウント
画像出典:テレビ朝日『未来への10カウント』公式サイト

 

第5話のおさらい

桐沢祥吾(木村拓哉)の指導の元、インターハイ予選に臨んだ松葉台高校ボクシング部。ただ一人2回戦に進んだ女子部員・水野あかり(山田杏奈)も、圧倒的に格上の京明高校に敗れました。京明に負けたことを理由に、校長・大場麻琴(内田有紀)は桐沢にコーチ解任を宣告。桐沢は「そういう人生だから」と早々に諦め、コーチとともに非常勤講師も辞めてしまいます。
 

辛苦ばかりの人生でようやく得た“生きがい”を簡単に手放そうとする桐沢を、ボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)は何とか引き留めようとします。葵は元プロボクサーでもある桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)に新コーチを依頼。桐沢も「お前なら安心して、あいつらを任せられる」と甲斐にボクシング部を託します。
 

そんな中、大阪から凄腕の1年生・西条桃介(村上虹郎)が転校してきてボクシング部に入部しました。俺が一番強いと生意気な口を叩く西条を見て、「うちのエースになる」と興奮する甲斐。部員たちは反感を覚え、桐沢にコーチをしてほしいと直談判します。そんな折、真面目な1年生部員の江戸川蓮(櫻井海音)が突然、行方不明に。葵から警察も動き出したと状況を聞いた桐沢は心配でたまらず、江戸川を探し始めます。
 

一方、猫林教頭が教壇に立った政治経済の授業は不評で、生徒たちは「桐沢先生に戻してほしい」と麻琴に直談判。さらに、甲斐も「ボクシング部のコーチがうまくいかない」と桐沢を戻すよう真琴に進言します。実は桐沢が戻ってこられるようにと、葵が裏で糸を引いていたのでした。
 

さらに、半グレを気取る中学時代の先輩に囚われていた江戸川を桐沢が救い出したことも鑑みた麻琴は、桐沢にコーチおよび非常勤講師への復帰を打診。1年で京明高校に勝つことを桐沢に約束させるのでした。桐沢のコーチ復帰に歓喜するボクシング部員たち。再び希望を取り戻した桐沢は、ピザのデリバリー先で偶然、亡き妻・史織(波留)に瓜二つの女性と遭遇して――。

 

未来への10カウント
画像出典:テレビ朝日『未来への10カウント』公式サイト

 

リズミカルなセリフのやりとりが最高!

画策を巡らせる葵のキュートさ、甲斐の校長室での1人芝居、桐沢と葵の息子・圭太(川原瑛都)との会話、桐沢の凶器相手のアクションなど、見応えたっぷりだった第5話。
 

Twitterでは放送直後からトレンド1位を獲得。「桐沢コーチが悪い連中相手に戦ってる姿、カッコ良かった」「桐沢先生・コーチお帰りなさい!セリフのやり取りがリズミカルで気持ちいい」「毎週ストーリーが面白くて、登場人物も魅力的で大好きなドラマ」など、興奮冷めやらぬ感想が殺到しています。
 

また、諦観と情熱の狭間で苛立つ桐沢の姿には、「決して他人に感情をぶつけずに常に朴訥とした態度を見せてるけど、独りの時に抑えきれぬ悔しさが出てしまう姿に苦しくなるし共感もしてしまう」「諦めることに慣れててもやっぱり苦しいのが鞄叩きつけるシーンから伝わってきてつらい」など心を揺さぶられた人が多い様子。桐沢のコーチ&非常勤講師復帰に安堵と歓喜の声が寄せられています。
 

ボクシング部員たちや葵の生き生きとした演技も魅力の中、葵と桐沢の関係が今後どう深まりを見せるのかも引き続き気になるところ。次週、桐沢は亡き妻とそっくりの女性と偶然再会し、その場には葵もいて――⁉ 気になる第6話は5月19日放送です。



【おすすめ記事】
「2022年春ドラマ期待度」ランキング! 3位『17才の帝国』、2位『元彼の遺言状』、1位は?
初回がおもしろかった春ドラマランキング! 2位『正直不動産』を抑えた1位は?
『未来への10カウント』第1話 「キムタクの存在感ハンパない」王道の成長&青春ストーリーが好発進
「木村拓哉」出演ドラマ人気ランキング! 3位『ロングバケーション』、2位『HERO』、1位は?
『17歳の帝国』第1話 「NHK本気出してきた」「物語おもしろすぎる」秀逸な脚本と豪華キャストに称賛殺到

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」