『悪女(わる)』第3話 江口のりこ×向井理、今田美桜×鈴木伸之の関係が気になる展開に

4月27日に放送されたドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った!?~』(日本テレビ系)第3話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。

今田美桜さん主演のドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?』第3話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

悪女わる
画像出典:日本テレビ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った!?~』公式サイト

 

第3話のおさらい

憧れの人“T・Oさん”の正体を海外事業部の田村収(向井理)だと突き止めた麻理鈴(今田美桜)は、大喜びで峰岸(江口のりこ)に報告。これ以上出世する必要はないと気を緩めた麻理鈴を、峰岸は「今のまま彼に会って思い通りになるの?」と一蹴。麻理鈴は異動先の「マーケティング部」に向かいます。
 

マーケティング部で麻理鈴の指導をすることになったのは、誰にでもできるからと部署で“おまけ”扱いされている“リサーチチーム”の梨田(石橋静河)。仕事はお金を稼ぐ作業と割り切り、不透明な将来に備え倹約することをモットーとしている女性です。梨田が「オウミ」のECサイト「Oh!Mix」のトップページに掲載する商品を決めていると聞き張り切る麻理鈴でしたが、ペースを乱されたくない梨田は麻理鈴と距離を置こうとします。
 

そんな中、企画開発部の小野(鈴木伸之)が「スッポンスープ」をトップページに掲載してほしいとやってきました。“社長ジュニア案件”と聞いた梨田はいつものことだと承諾しますが、納得できない麻理鈴。峰岸から「出世100箇条」として、仕事上での“貸し借り”の重要性とアピールの大切さを説かれます。しかし、麻理鈴が「スッポンスープ」を競合商品と並べてトップページに掲載してしまったことが大問題に発展。リサーチチームは解散の危機に陥ってしまいます。
 

どうせいつかなくなる部署だと割り切る梨田。一方、仕事での大失敗に加え、海外事業部で見かけた“T・Oさん”が雲の上の存在であると痛感し意気消沈していた麻理鈴は、ひょんなことから家に押し掛けた峰岸と2人で「スッポンスープ」を味わいその美味しさに感動。アピールの仕方に問題があると実感した麻理鈴は、峰岸から「会社は人よ」と助言を受け、「スッポンでした失敗はスッポンで取り返す」と梨田を巻き込んで奇策を展開。部署の序列で憂き目を見て諦めていた梨田の心をも動かし、“おまけ”の反撃開始です。
 

梨田と協力して行った社内での覆面リサーチをもとに、企画開発の小野を説得。「冒険スープ」として売り出すと見事完売し、小野は“おまけ”の功績を部長に報告。無事、リサーチチームの存続も決まるのでした。
 

麻理鈴はようやく胸を張って“T・Oさん”こと田村に会えると海外事業部を訪れますが、一時帰国をしていただけでアメリカに発ったと聞かされます。その頃、峰岸は空港で田村に会っていました。2人の関係とは一体――?

 

悪女(わる)
画像出典:日本テレビ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った!?~』公式サイト

 

麻理鈴の出世道と恋模様から目が離せない!

麻理鈴と犬猿の仲にある小野もまた、新入社員の時に峰岸からイロハを教わっていたことが判明した第3話。Twitterでは「小野忠いいな。なんだかんだとまりりんが気になっていくんだよね」「小野さんもうまりりんのこと好きだろ」「麻理鈴がいると、周りはどんどん成長するよね」などの声が上がっています。
 

峰岸と“T・Oさん”のただならぬ関係が示唆され、麻理鈴と小野の関係性の深まりも気になるところ。第4話では、さらなる出世に前向きな麻理鈴が出世の登竜門である「周年プロジェクト」に参加することに。小野がリーダーを努める本プロジェクトで、どんな波乱が待ち受けているのでしょうか。気になる第4話は5月4日放送です。
 

『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った!?~』第4話 5月4日放送予告



【おすすめ記事】
「2022年春ドラマ期待度」ランキング! 3位『17才の帝国』、2位『元彼の遺言状』、1位は?
『悪女(わる)』第1話 今田美桜×江口のりこ最強タッグ爆誕! 「面白い!」「元気でる!」と好発進
『悪女(わる)』第2話 「麻理鈴が会社を変えていくのがスゴい」感動と共感の声
今田美桜、“入社式コーデ”で美脚があらわに! 「とにかく可愛いがあふれてる!!」「とっても素敵ですね」
今田美桜、すっぴん自撮りショットにファン歓喜! 「めっちゃめっちゃ大人っぽい色気が…」「結婚してください」

 

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】