2022年の年収実態調査、平均609万円・中央値550万円、男女別は?

Job総研が全国の社会人741人を対象に実施した「2022年 年収実態調査」によると、平均年収額は609万円、中央値は550万円だったことが判明しました。男女別結果などもあわせて紹介します。

Job総研は4月18日、「2022年 年収実態調査」の結果を公開しました。全国の就業する社会人(経営者・役員・会社員・フリーランス・自営・アルバイト・パート含む)男女741人を対象に、現在の平均年収額や納得度、今年に入ってからの年収増減などを調査し、まとめたものです。
 

平均年収額、全体平均は609万円、中央値は550万円

平均年収額を見ると、最も多かったのは「300〜400万円未満」(22.0%)、2位「400〜500万円未満」(14.6%)、3位「500〜600万円未満」(12.9%)でした。全体平均は609.8万円、中央値は550.0万円となっています。
 
2022年の平均年収額と中央値
2022年の平均年収額と中央値

男女別平均で見ると、男性は701.5万円、女性は425.5万円で276万円の開きがあります。年代別平均では、40代が745.6万円で最多、最も低いのは20代の433.7万円でした。
 
男女別と年代別の平均年収
男女別と年代別の平均年収
 

今年に入ってから年収が増えた人は45.5%、要因は?

今年に入ってからの年収の増減について聞いたところ、「増加した」が45.5%、「変わらない」が36.8%、「減少した」が17.7%でした。
 
2022年に入ってからの年収の増減と要因
2022年に入ってからの年収の増減と要因

増加した人にその要因を聞いたところ、最も多かったのは「人事評価」で40.1%、次いで「転職」で33.5%となっています。「ボーナス」と回答した人も10.7%います。
 

自身のキャリアで目指す年収額1位は「1000〜1500万円以上」。男女間で大きな差も

将来的に自身のキャリアで目指す年収TOP3は、3位「700〜800万円未満」(10.7%)、2位「500〜600万円未満」(12.0%)、1位は「1000〜1500万円以上」(21.6%)でした。
 
自身のキャリアで目指したい年収額は?
自身のキャリアで目指したい年収額は?

各年代の最多回答を見ると、「1000〜1500万円未満」が20代(17.8%)、30代(23.8%)、40代(25.0%)、50代のみ「400〜500万円未満」(14.5%)でした。

男女別では、男性の最多回答が27.6%で「1000〜1500万円未満」、女性の最多回答が20.6%で「500〜600万円未満」という結果となっています。


【おすすめ記事】
日本の平均年収は445万3314円、OECD諸国で唯一横ばい。「中央値」「年代別年収」は?【2022年最新】
30~50代既婚者の「世帯年収」や「貯蓄額」は? 500人に調査
30〜40代が「結婚したいと思える世帯年収」、過半数を超えたのはいくらから?
2021年最新「関東の平均年収」ランキング! 3位 千葉県(408万円)、2位 神奈川県(422万円)、1位は?
2021年最新版「30代の平均年収」ランキング! 全体平均は437万円、職種別と業種別のトップは?

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始