2021年最新版「30代の平均年収」ランキング! 全体平均は437万円、職種別と業種別のトップは?

転職サイト「doda(デューダ)」が発表した、「2021年最新版 平均年収ランキング」によると、30代全体の平均年収は437万円で2020年よりも7万円減。男性平均が474万円、女性が378万円でした。「職種別」と「業種別」で最も高かったのは?

転職サイト「doda(デューダ)」は2021年12月13日、20~65歳の正社員男女約45万人のデータを基にした「2021年 平均年収ランキング」を発表。2020年9月~2021年8月の1年間にdodaエージェントサービスに登録した人を対象としており、2021年最新版の調査結果です。

本記事では、年代別「30代」の各種ランキングを紹介します。
 

30代全体の平均年収は437万円で昨年より7万円減。男女別は?

30代年収の分布図(プレスリリースより)
30代年収の分布図

30代全体の平均年収は437万円で、2020年と比較すると7万円マイナスとなっています。30歳全体の平均は407万円、39歳平均は474万円です。また男女別では、男性平均が474万円、女性平均が378万円でした。

年収分布を見ると、最も多かったのは「300〜400万円未満」で28.3%、次いで「400〜500万円未満」が24.7%です。「500〜800万円未満」が合計で27%、「800万円以上」が合計4.3%という割合となっています。
 

「職業別」平均年収、ワースト1位は「事務/アシスタント系」の346万円、最も高かったのは?

 
30代職種別平均年収TOP3(プレスリリース画像より抜粋)
30代職種別平均年収TOP3

「職種別」平均年収TOP3を見てみましょう。3位は「金融系専門職」の504万円、2位は「企画/管理系」の524万円、1位は「専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)」の627万円となっています。職種別全11種で最も低かったのは「事務/アシスタント系」の346万円でした。
 

「業種別」平均年収、1位は「金融」の530万円 

30代業種別平均年収TOP3(プレスリリース画像より抜粋)
30代職種別平均年収TOP3

次に「業種別」平均年収TOP3です。3位は「総合商社」の477万円、2位は「IT/通信」の492万円、1位は「金融」の530万円でした。業種別全10種で最も低かったのは「小売/外食」の382万円となっています。



>次ページ:業種別・職種別、30代の平均年収ランキングTOP10



【おすすめ記事】
2021年最新版「20代の平均年収」ランキング! 全体平均は341万円、職種別と業種別の1位は?
2021年最新「関東の平均年収」ランキング! 3位 千葉県(408万円)、2位 神奈川県(422万円)、1位は?
平均残業時間が多い職種ランキング! 2位 クリエイティブ職(32.5時間)、1位は?
平均残業時間が少ない職種ランキング! 2位 営業事務アシスタント(11.1時間)を抑えた1位は?
社員の博士支援で話題のメルカリ、「妊活」「卵子凍結」補助などまだまだある最先端を行く福利厚生!

【関連リンク】
2021年版 平均年収ランキング(doda)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】