「あだち充作品で好きな主人公」ランキング! 3位「若松真人」、2位「国見比呂」、1位は?

All About編集部は3月4~31日、「あだち充作品で好きな主人公」に関するアンケート調査を実施。その結果を、ランキング形式で紹介します。

『タッチ』『H2』など、数多くの名作を生み出している漫画家・あだち充先生。あだち充作品の主人公といえば誰を思い浮かべますか? All About編集部では3月4~31日、全国204人を対象に「あだち充作品で好きな主人公」に関するアンケート調査を実施しました。その結果を、ランキング形式で紹介します。
 

第3位:若松真人(みゆき)

若松真人(みゆき)画像出典:Amazon


3位には、若松真人がランクイン。1980〜1984年まで『少年ビッグコミック』で連載された作品『みゆき』の主人公です。成績ほどほど、容姿そこそこ、スポーツ平凡な青華高校の生徒。軽薄に見られがちですが、優しく、気配り上手な一面も。血のつながらない妹・若松みゆきに対しても、家族として、実の兄として振る舞おうとします。
 

回答では「主人公から感じるやさしさがいいです」「優しいお兄さんキャラは最後まで変わらなかった」「優柔不断でありながら優しくて、実は優柔不断ではないところ」などの声が挙げられています。
 

第2位:国見比呂(H2)

国見比呂(H2)画像出典:Amazon


2位に選ばれたのは、1992〜1999年『週刊少年サンデー』にて掲載された『H2』の主人公・国見比呂。千川高校野球部員ピッチャーで、類稀なる才能に恵まれます。医師の誤診により、一度は野球を諦めるも、再び野球の世界に戻り野球部を発足させます。幼なじみの雨宮ひかりとは姉と弟のような関係でしたが、女性として意識するようになり、ライバルの橘英雄に紹介してしまったことを内心悔やんでいます。
 

回答理由に「一度は野球から離れることになりましたが、そこから復帰してもピッチャーとしての才能が素晴らしいからです」「素っ気なく、あまり飾らない雰囲気が好きです」「セリフがかっこいい」などの声が聞かれました。
 

第1位:上杉 達也(タッチ)

上杉 達也(タッチ)画像出典:Amazon


そして見事1位に選ばれたのは、国民的ヒット作『タッチ』の主人公・上杉 達也でした! 1981〜1986年に『週刊少年サンデー』に掲載され、野球漫画として多くのファンを魅了した本作。双子の弟・和也と比べられ、ダメな兄としていい加減な性格だった達也が、和也に代わり幼なじみで心を寄せるヒロイン・浅倉南の「甲子園につれてって」という夢を叶えるため、野球へと打ち込んでいきます。
 

挙げた理由に「基本的には真面目な性格で、努力家なので共感できます」「達也のすっとぼけ感が面白いから」「格好良いわけではないが、人間味が感じられるキャラクターだと思います」などの声が寄せられました。


>9位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「好きなあだち充作品」ランキング! 3位『みゆき』、2位『H2』、1位は?
「あだち充作品で好きなヒロイン」ランキング! 2位「若松 みゆき」を抑えた圧倒的1位は?
「朝倉南を演じてほしい女優」3選! 有村架純、広瀬すず、あと1人は?
「泣けるあだち充作品」ランキング! 3位『みゆき』、2位『H2』、1位は?


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」