「実写化してほしいあだち充作品」ランキング! 3位『みゆき』、2位『H2』、1位は?

All About編集部は3月4~31日、「実写化してほしいあだち充作品」に関するアンケート調査を実施。その結果を、ランキング形式で紹介します。

『タッチ』『ラフ』『H2』など、アニメ化や実写化された名作が多い漫画家・あだち充作品。All About編集部は3月4~31日、全国204人を対象に「実写化してほしいあだち充作品」に関するアンケート調査を実施しました。その結果を、ランキング形式で紹介します。
 

第3位『みゆき』

『みゆき』(画像出典:Amazon


3位には、『みゆき』がランクイン。1980〜1984年まで『少年ビッグコミック』で連載された作品。野球など、スポーツを絡めたストーリーが有名なあだち充作品ですが、本作は恋愛のみを主題にしたラブストーリーです。憧れの同級生・鹿島みゆきと、一つ年下の血の繋がらない魅力的な妹・若松みゆき、2人のみゆきの間で揺れ動く、主人公・若松真人の恋心が見どころ。
 

回答では「両みゆきのキャスティングに誰が選ばれるのかが楽しみ」「野球はCGなど無理がありますが、みゆきは兄妹の話なので現実的です」「みゆきの二人の美人で1人の男の揺れ動く心が面白そうな気がする」などの声が挙げられています。

 

第2位『H2』

『H2』(画像出典:Amazon


2位に選ばれたのは、高校野球をテーマとした野球漫画、『H2』。1992〜1999年『週刊少年サンデー』にて、あだち充先生が野球の描写にこだわって描いたとされる作品です。主な登場人物は名前の頭文字に「H」を持ち、エース国見比呂とスラッガー橘英雄という2人のヒーローと、比呂の幼なじみで英雄のガールフレンドでもある雨宮ひかりと比呂の同級生・古賀春華という、2人のヒロイン繰り広げる甘酸っぱい青春物語です。
 

回答理由に「ドラマはいまいちだったのでもう一度キャスト入れ替えてやって欲しい」「昔に実写ドラマ化したが、リメイクして再度観たい」「誰がキャスティングされるか興味があるので」などの声が聞かれました。
 

第1位『タッチ』

『タッチ』(画像出典:Amazon


そして見事1位に選ばれたのは、あだち充の代表作『タッチ』でした! 1981〜1986年に『週刊少年サンデー』に掲載され、テレビアニメはもちろん、実写版映画にもなったほどの人気作品。
 

高校野球とラブコメディという2つの要素を持ったストーリーで、優秀な弟・上杉和也と、何事にもいい加減な兄の達也は対照的な双子。その幼なじみのヒロイン・浅倉南と上杉兄弟の三角関係を描いています。「甲子園につれてって」という南の夢を叶えるため、いい加減だった達也が真剣に野球と向き合い、成長していきます。達也と南のもどかしい関係に、ハラハラした読者も多いのでは。
 

挙げた理由に「野球も恋愛も感情移入できる」「主人公がヒロインへの想いを押し殺しながら野球にかける意気込みの気高さに泣けます」「アニメにどれだけ近づけるか非常に興味があるので」などの声が寄せられました。



>10位までの全ランキング結果を見る



【おすすめ記事】
「好きなあだち充作品」ランキング! 3位『みゆき』、2位『H2』、1位は?
「朝倉南を演じてほしい女優」3選! 有村架純、広瀬すず、あと1人は?
「あだち充作品で好きな主人公」ランキング! 3位「若松真人」、2位「国見比呂」、1位は?
「あだち充作品で好きなヒロイン」ランキング! 2位「若松 みゆき」を抑えた圧倒的1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も