「里山ガーデンフェスタ」横浜市内最大規模の大花壇が圧巻! パステルカラーの花々に囲まれて春散歩を

横浜市旭区・よこはま動物園ズーラシアに隣接する里山ガーデンでは、3月26日~5月8日まで「里山ガーデンフェスタ」を開催。今春のテーマを「幸せの花景色」とし、市内最大級1万平方メートルの大花壇を公開しています。春らしいパステルカラーの美しい花々を楽しめます。

横浜市旭区・よこはま動物園ズーラシアに隣接する里山ガーデンでは、3月26日~5月8日まで「里山ガーデンフェスタ」を開催。今春のテーマを「幸せの花景色」とし、市内最大級1万平方メートルの大花壇を無料で公開しています。春の花々に囲まれて花散歩を楽しんできました(画像はすべて筆者撮影)。
 

里山ガーデンについて

里山ガーデンの大花壇(2022年3月30日撮影)
春と秋に期間限定で公開される、里山ガーデンの大花壇(2022年3月30日撮影)

里山ガーデンは、2017年「第33回全国都市緑化よこはまフェア」開催時に、よこはま動物園ズーラシアに隣接するエリアに整備されました。春と秋の期間限定で「里山ガーデンフェスタ」として横浜市内最大規模となる約1万平方メートルの大花壇などが公開されます。
 

横浜市内最大級、約1万平方メートルの大花壇が圧巻!

里山ガーデンの大花壇(2022年3月30日撮影)
里山ガーデンの大花壇(2022年3月30日撮影)


今春は、花と緑を愛する人の心をつなぎ、自然環境を育む横浜市の取り組み「ガーデンネックレス横浜2022」の見どころとして、「幸せの花景色」をテーマとしています。
 

横浜農業協同組合の協力で、横浜市内産の花苗を会場内の9割に活用し、パンジーやビオラのほか、ルピナスなどを中心に、チューリップやサクラなど、春らしいパステルカラーの美しい花々を楽しめます。
 

横浜市内産の花苗を会場内の9割に活用(2022年3月30日撮影)
横浜市内産の花苗を会場内の9割に活用(2022年3月30日撮影)


展望デッキからは大花壇が一望でき、散策路が整備されているので、パステルカラーの春の花々に囲まれて花散歩が楽しめます。大花壇の散策路は一方通行でお楽しみください。
 

散策路は「順路」の案内に従って一方通行でお楽しみください(2022年3月30日撮影)
散策路は「順路」の案内に従って一方通行でお楽しみください(2022年3月30日撮影)


大花壇に隣接してピクニック広場が設けられています。シートを広げてお弁当などを食べる場合は、他のグループとのソーシャルディスタンスを保ってください。
 

ピクニック広場の様子(2022年3月30日撮影)
ピクニック広場の様子(2022年3月30日撮影)

 

菜の花や鯉のぼりなど懐かしい里山の風景も

東側のエリアには里山の風景が広がります(2022年3月30日撮影)
東側のエリアには里山の風景が広がります(2022年3月30日撮影)


里山ガーデンの東側のエリアには、菜の花や鯉のぼりなど懐かしさを感じる里山の風景が広がっています。大花壇からは、森の小径や中央園路、外周園路でつながっていますので、散策をお楽しみください。
 

たくさんの鯉のぼりがはためきます(2022年3月30日撮影)
たくさんの鯉のぼりがはためきます(2022年3月30日撮影)


常設の飲食店はありませんが、キッチンカーの出店、ガーデンベアグッズや関連商品が購入できるギフトショップが営業しています。
 

正面入口広場にはキッチンカーが出店(2022年3月30日撮影)
正面入口広場にはキッチンカーが出店(2022年3月30日撮影)


また、里山ガーデンに隣接し、自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー・よこはま」、森の中でマウンテンバイクが楽しめる「トレイルアドベンチャー・よこはま」が通年で営業していますので、チェックしてみてください。
 

・URL:https://fa-yokohama.foret-aventure.jp/

 

デジタルスタンプラリーでズーラシア平日半額に

ズーラシアにちなみ、動物の形のオブジェも点在(2022年3月30日撮影)
ズーラシアにちなみ、動物の形のオブジェも点在(2022年3月30日撮影)


ズーラシアとの連携企画として、春のデジタルスタンプラリーを開催。里山ガーデン内に掲示されている4カ所の二次元バーコードを自身のスマートフォンですべて読み取ると、平日限定でズーラシア入園5割引きクーポンがもらえます。
 

春の花々と合わせて、動物たちにも会いに行きませんか?

 

アクセス、駐車場について

公共交通機関でのアクセスは、相鉄線「鶴ヶ峰」駅、「三ツ境」駅、JR横浜線・市営地下鉄「中山」駅からバスで約20分 「よこはま動物園」バス停下車(土・日・休日は北門まで延伸している路線があります)。里山ガーデン正門入口まで徒歩または無料シャトルバスを利用します。
 

クルマで来場する場合は、里山ガーデン専用の駐車場はありませんが、隣接するよこはま動物園ズーラシアの駐車場を利用できます(1日1000円)。カーナビの目的地はズーラシアを設定し、北門駐車場の利用が里山ガーデン正面入口に近くて便利です。
 

・URL:交通案内、駐車場について

 

里山ガーデンフェスタ 情報

・期間:2022年3月26日(土)~5月8日(日)※期間中無休
・場所:横浜市旭区上白根町1425-4(よこはま動物園ズーラシア隣接)
・時間:9:30~16:30
・入場料:無料
・URL:里山ガーデンフェスタ

 

【おすすめ記事】

「ガーデンネックレス横浜2022」開幕! 3~6月まで横浜の街を彩るフラワーリレーを満喫
横浜・みなとみらい「プラネタリアYOKOHAMA」オープン! 満天の星を体感してみた【現地レポ】
横浜中華街に「横浜開運水族館 フォーチュンアクアリウム」がオープン! 開運魚たちに癒されよう
現存する日本最古のジャズ喫茶「ちぐさ」がミュージアムとして再出発! ファンドで資金を募集
横浜スタジアムでの感動を再び! 東京五輪記念品の展示がスタート

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応