年収1000万円超えの人が選ぶ「住みたい街」ランキング! 3位「六本木」、2位「三田」、1位は?

GAテクノロジーズは、2021年に年収1000万円以上の人が成約した物件をエリアごとに集計した「住みたい街ランキング2022」を発表しました。調査対象は、同社が運営するサイト「RENOSY(リノシー)」に掲載された東京23区の賃貸物件です。気になる結果は?

GAテクノロジーズは、2021年の1年間に年収1000万円以上の人が成約した物件をエリアごとに集計した「住みたい街ランキング2022」を発表しました。調査対象は、同社が運営するオンライン不動産取引マーケットプレイス「RENOSY(リノシー)」に掲載された東京23区の賃貸物件です。
 

本記事では、調査対象全体のランキング結果を紹介します。
 

六本木エリア

 

第3位:六本木(港区)

3位は、「六本木」。六本木ヒルズや六本木グランドタワー、東京ミッドタウン勤務者からの需要が高く、六本木7丁目の低層マンションなどが人気のようです。
 

「周辺環境」が満点(5点)のほか、「交通利便性」や「安全性」、「ステータス」で4点以上と高評価を獲得。調査対象者の職業を見ると、「金融・保険」「コンサルティング」「情報通信」がおのおの13.3%でした。
 

第2位:三田(港区)

2位は、2021年から9ランクアップで「三田」でした。イタリア大使館周辺の閑静で緑豊かなエリアや、麻布十番周辺に人気があり、高級低層マンションなどが注目されているようです。
 

評価項目別で見ると、「ステータス」がほぼ満点、「安全性」も4.5点以上を獲得しています。反対に、「交通利便性」と「生活利便性」への評価は低いようです。職業割合では、「不動産・建築」「金融・保険」「コンサルティング」がおのおの16.7%でした。
 

第1位:赤坂(港区)

1位は、「赤坂」。六本木や虎ノ門、大手町といったビジネス街へのアクセスが良好で、外資系金融や士業、IT、広告関連の高所得者層に人気のエリアです。
 

項目別では「ステータス」がほぼ満点のほか、「安全性」が4.5点、「周辺環境」が4点となっています。ランキング対象者の職業割合を見ると、1位「金融・保険」(29.2%)、2位「コンサルティング」(16.7%)、3位「情報通信」(12.5%)でした。
 

TOP3はすべて港区が独占。前回調査で1位だった「南麻布(港区)」や、2位「新宿(新宿区)」はトップ10圏外となっていますが、4位以下を見ても港区、六本木周辺の人気は高いようです。




>10位までの全ランキング結果を見る




【おすすめ記事】
年収1000万円超えの人が選ぶ東京23区の「住みたい街」ランキング! 2位「新宿」、1位は?
「SUUMO住みたい街ランキング」2022年は大宮が初の3位! 千葉県も躍進
1000万円プレイヤーが「ワーケーション」を希望する本当の理由は?
「年収1000万円あったらお金をかけたいこと」ランキングTOP10! 2位「旅行/レジャー」、1位は?



【関連リンク】
プレスリリース
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    佐久間大介“怪演”の映画『マッチング』が描く恐怖とは。同日公開ミステリー・サスペンス映画3作の魅力

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」