にくらしいほど肉らしい「大豆ミート」使った新時代の料理やパンを先取り! 横浜高島屋でフェア開催

横浜高島屋では、2月16日~3月1日に「大豆ミートはこんなにおいしいフェア」を開催。地下食料品フロアの30ブランドが、サステナブルな食の普及に取り組むネクストミーツの大豆ミートを使用し約40種類のメニューを販売します。一部商品は料理好きの芸人・ロバート馬場さんが監修。

横浜高島屋では、2月16日~3月1日に「大豆ミートはこんなにおいしいフェア」を開催。地下食料品フロアの30ブランドが、サステナブルな食の普及に取り組む「ネクストミーツ」の大豆ミートを使用し約40種類のメニューを販売します。一部商品は吉本興業所属のお笑い芸人・ロバート馬場さんが監修。注目の商品を紹介します(画像はすべて筆者撮影)。
 

ネクストミーツの「大豆ミート」とは

世界初の代替肉の焼肉「NEXT焼肉」シリーズ
世界初の代替肉の焼肉「NEXT焼肉」シリーズはポップアップショップで販売(2月16日~22日、地下2階 生鮮売場 精肉売場前特設会場)


「ネクストミーツ」は、日本発のフードテックベンチャー。「地球を終わらせない」という理念のもとサステナブルな食の普及に取り組んでいます。同社が販売する代替肉の主な原材料は大豆で、高タンパク・低脂質であることに加え、まるで肉のような見た目と味が特長です。
 

今回の「大豆ミートはこんなにおいしいフェア」では、ネクストミーツの商品「NEXTハラミ」「NEXT牛丼」「NEXTカルビ」「NEXTミルク」などを使用し、30ブランドが約40種類のメニューを商品化しています。
 

吉本興業がネクストミーツの理念に共感し、パートナー契約を結んでいることから、所属するロバート馬場さんが24種類のメニューを監修しています。ロバート馬場さんは、YouTubeで料理番組「馬場ごはん」を配信するほどの料理好きなんですって。
 

食べてみたら……にくらしいほど肉らしかった!

フェア開催に先駆けて試食会が行われました。食べてみてビックリ! 「大豆ミート」と言われなければ「肉」そのものなのです。和・洋・中のメニューや惣菜、弁当、パンなど約40種類のメニューの中から、特に注目の商品を紹介します。

<BAY-ya(ベイヤ)>コース料理(5500円)
<BAY-ya(ベイヤ)>コース料理(5500円)


和洋酒売場にある酒ソムリエ・赤星慶太氏が監修するフードペアリングバー<BAY-ya(ベイヤ)>では、コース料理(5500円)を提供。内容は、大豆ミートとカリフラワーのポタージュ、大豆ミートのタルタルサラダ仕立て、大豆ミートのパリパリフリット、〆のごはん、ネクストパンナコッタ(コーヒーまたは紅茶付)で、大豆ミートと旬の野菜をふんだんに使い、和洋折衷のテイストで仕上げてあります。
 

大豆ミートとカリフラワーのポタージュは、大豆ミートをブイヨンに使うという斬新なアイデアで、やさしさあふれる味わいとなっています。
 

トリュフ香 ソイベジバーガー(1320円、各日20点限り)
トリュフ香 ソイベジバーガー(1320円、各日20点限り)

このほか、「トリュフ香 ソイベジバーガー(1320円、各日20点限り)」も提供。

 

華正樓(かせいろう)とマリンベーカリーのシェフ
華正樓(かせいろう)とマリンベーカリーのシェフも大豆ミート商品をPR


横浜中華街に本店を構え、創業80年を超える老舗<華正樓(かせいろう)>は、お客さまが手に取りやすく、馴染みのあるメニューとして回鍋肉を商品化。たっぷりのキャベツと大豆ミートを使用し、華正樓独自の甜麺醤(テンメンジャン)で独特の甘みと旨味が出るように工夫しています。
 

<華正樓>大豆ミートの回鍋肉(100g、540円)
<華正樓>大豆ミートの回鍋肉(100g、540円)


ロバート馬場さんの「色味があると良いのでは」というアドバイスを受けて、パプリカを加え、彩り鮮やかになりました。
 

<マリンベーカリー>桜香る大豆ミートのバジルポテトタルティーヌ(496円)
<マリンベーカリー>桜香る大豆ミートのバジルポテトタルティーヌ(496円)


新山下にある人気のパン屋さん<マリンベーカリー>は3種類のパンを開発。そのひとつ「桜香る大豆ミートのバジルポテトタルティーヌ(496円)」は、大豆ミートを桜チップで燻製しベーコン風の味付けにしているのが印象的。このパンのために開発したバゲットに、大豆ミートとバジルソース、クリームチーズ、茹でたジャガイモ、エメンタルチーズをのせて焼き上げた一品です。
 

このほか「甘辛大豆ミートそぼろとジャガイモの焼きカレーパン(318円)」「彩り茄子味噌大豆ミートフォカッチャ(ヴィーガン、419円)」の全3種類。マリンベーカリーのパンは「カナガワベーカーズドック」にて2月17日、19日、24日、26日(各日14:00~)に販売。
 

<梅や>ネクストミーツねぎま串(1本、216円)
<梅や>ネクストミーツねぎま串(1本、216円)


横浜の老舗鶏肉専門店<梅や>が提供するのは「ネクストミーツねぎま串(1本、216円)」。「NEXTハラミ」をねぎまのように串に刺し、梅や伝統のタレで味付けしています。食べた感じは、焼き鳥のねぎまと変わらぬおいしさ!
 

この規模で大豆ミート商品を販売するのは初の試み

大豆ミートはこんなにおいしいフェア 記者発表会にて


<ネクストミーツ>×<横浜高島屋>にくらしいほど肉らしい「大豆ミートはこんなにおいしいフェア」は、2月16日~3月1日まで、横浜高島屋 地下1階 食料品フロア 「Foodies' Port1・2」の参加各店にて開催。このような規模で大豆ミートを使った商品を販売するのは初とのこと。新時代を先取りする代替肉を使った料理を味わってみては。
 

・URL:横浜高島屋

 

【おすすめ記事】

横浜・みなとみらいホテルメイドの「クラフトコーラ」が誕生! スパイスの風味がやさしく料理にマッチ
タピオカの次に流行るのは「ラッシー」? 栄養満点の飲むデザートを横浜の大学生が開発
鎌倉紅谷の新商品「CHOCCO(チョッコ)」食べてみた! 第4のチョコレートを楽しむ、2種のサンドクッキー
国産大豆の豆乳カフェ「ソイスペース」がみなとみらいにオープン!ほっこり豆乳スープは朝食におすすめ
なぜ崎陽軒が「ギヨウザ」を販売? 餃子の形をした「シウマイ」!? 焼いて、蒸して、茹でて食べてみた

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは