1550人調査「コロナ後に行きたい海外旅行先」ランキング! 3位 イタリア、2位 台湾、1位は?

全国20〜79歳の男女1550人を対象に実施した「海外旅行に関する調査」によると、「今後、海外旅行に行きたいと思う時期」で最も多かった回答は「2025年以降」で25.5%でした。今後行きたい場所TOP3、3位「イタリア」、2位「台湾」、1位は?

CCCマーケティングは1月28日、「海外旅行に関する調査」の結果を公開しました。2015~2019年に海外旅行経験がある全国20〜79歳の男女1550人を対象に実施したもので、特に旅行先や内容の決定に積極的に関与する人を中心に調査しています。

新型コロナウイルスの影響がまだまだ続く中、国内の旅行好きたちは海外旅行に対してどのような意識を持っているのでしょうか。
 

コロナ禍が落ち着いたら海外旅行に行きたいと思う時期は「2025年以降」が最多

「新型コロナウイルス感染症の影響が落ち着いてきたら、海外旅行に行きたいと思っている時期」を聞いたところ、全体で最も多かったのは「2025年以降」で25.5%でした。4人に1人は「旅行に行けるのは3年後以降」と考えているようです。
 

次に多かったのは「2023年」で24.8%。「2022年」が23.1%、「2024年」が19.2%と続きます。「直近2年以内(2022~2023年)」も約5割いることから、自由に旅行できる見通しはさまざまであることが分かります。

男女別で見ると、男性の回答で最も多かったのは「2022年」で31.6%、次いで「2023年」で26.5%、「2025年以降」が19.9%でした。一方、女性の回答では、「2025年以降」が最も多く29.8%、次いで「2023年」が23.5%、「2024年」が22.0%、男性で最も多かった「2022年」は16.5%となっています。
 
男性は直近2年以内(2022~2023年)と答える人が多く、女性はより遠い時期を答える人が多いという結果が出ており、男女で正反対の回答となっています。
 

行きたい旅先、コロナ禍前はアジア、今後は?

コロナ禍前の5年間(2015~2019年)と今後行きたい旅行先について、複数回答式で答えてもらったところ、「コロナ禍前の旅行先TOP3」は、1位「台湾」(27.4%)、2位「ハワイ」(24.2%)、3位「韓国」(20.6%)だったのに対し、「今後行きたい場所TOP3」は、1位「ハワイ」(48.7%)、2位「台湾」(30.6%)、3位「イタリア」(29.2%)でした。
 
旅行で行きたい場所

「コロナ禍前」で15位だった「オーストラリア」は「今後行きたい場所」で4位、「北欧」や「ニュージーランド」などもランク外から一気にランクインしています。

その他にも「タイ」や「香港・マカオ」「シンガポール」といった、これまで人気だったアジア地域がランクダウンしている一方、「ドイツ」や「フランス」「スペイン」といったヨーロッパが順位を上げており、ニーズが大きく変化してきていることが明らかとなっています。


>次ページ:20位までのランキング結果


【おすすめ記事】
「国内旅行」総合満足度ランキング! 2位「福井県」「京都府」を上回る1位は? 【2021年発表】
美味しい地元グルメが多かった「国内旅行先」ランキング! 1位は?
「寒くないのか?」と外国人が不思議に思う、日本人の防寒ファッションに“足りない”もの
英語が苦手でも外資系エアラインのCAになれる? 4社内定を実現した「英語オンチ克服メソッド」

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」