JR山手線


東日本旅客鉄道は1月12日、デポジット不要の新ICカード「Suica Light」の販売を発表しました。これまでのSuicaとの違いとは?
 

「Suica Light」の特徴とは? 「Suica」とどこが違うの?

「Suica Light」イメージ

主に、地方自治体の地域住民の交通費補助事業や、修学旅行などの団体旅行者の短期間での使用を想定したサービスです。
 

通常の「Suica」では、500円の預り金(デポジット)が必要でしたが、「Suica Light」はデポジット不要で利用後の払い戻しも不要という点が、最大の特徴です。さらに、使用期間が最大6カ月というのも特徴。ただし、有効期間内に使い切らないとチャージ残高の払い戻しがされないため、注意が必要です。紛失しても、再発行はされません。
 

また、利用者は金額チャージをすることで、通常のSuica同様、全国相互利用対象エリアの鉄道・バスなど交通機関での使用や、タクシー・観光施設などで支払いに使用できます。
 

なお、今回の「Suica Light」は地方自治体や旅行代理店、法人向けのサービスとなっているため、一般販売はありません。
 

【おすすめ記事】
JR東日本の駅別「乗車人員」ランキング! 東京23区で利用者が少ないワースト3の駅はどこ?
JR東日本の中で「車両」が好きな鉄道路線ランキング! 3位「北陸新幹線」、2位「東北新幹線」、1位は?
JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?
JR東日本の「駅別乗車人員」ランキングに大異変! 上位だけでなく、23区内の「新駅」も…
JR東日本、民営化後「初の最終赤字」の衝撃――定時株主総会で語られたこととは

 

【関連リンク】
プレスリリース